スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あー、日常が戻ってきた…
GGの居ないクリスマスに始まり…

なんとも平和な年末年始だったけど…

再び日常が戻って来た…これが現実。




GGの帰国を見送って家に帰って来た旦那が到着するなり1番にやったこと。

GGの部屋のドアに掛かっていた我が家のインテリアを邪魔するダサい暖簾を真っ先に外した(笑)

そして窓を開けて空気の入れ換え。

私も布団カバーやシーツを洗濯したり、枕や布団、マットレスにファブリーズかけまくってみたけど、それでもニオイってなかなか消えないのねー。


でもGGが居ない間、帰る時間を気にせずに家族だけでゆっくり外出も出来たし、ご飯を作るのも1人いないだけでとーっても楽ちんだった!

旦那もそれは感じていたみたい。

GGが居ない間、気のせいか少し優しかったし(笑)



5人暮らしになってもう気づけば2年も経つけれど、4人の生活リズムに戻るのに全く時間がかからなかった!

むしろその方がしっくりきて快適だった!!

子供達も静かでいいねって言ってたし(笑)

申し訳ないが改めてやっぱり邪魔な存在だなーって思い知った。

もっと長期間居なくてよかったんだけど…

残念ながら戻って来たよー(笑)



しかもねー、上の子だけにしかお土産買ってきてなかったの!!

それには私も旦那も目が点。(笑)

当然下の子も自分には無くて機嫌悪くなっちゃうし。

旦那も「○○(下の子の名前)の分は?」って聞いてたし、「もし買うなら2人に買う。買わないなら両方に買わない。そうじゃないと不公平でしょ!?」って…

そんなこと言われないと気づかないもんかね??

もしかしてボケてる?

旦那に注意されて「ゴメンゴメン」と言って下の子に持って来たのは、機内食で出されたチョコレート。

時すでに遅し。そんなんで機嫌なんてなおりませんよ。



その様子を見て思い出したけど、そういえばクリスマスプレゼントも、上の子が書いたサンタさんへの手紙を見て「わしが払うー」と言ったGG。

結局それを払ってもらっても、GGからじゃなくサンタさんからのだからありがとう言ってもらえないよーみたいな話になってなんとなく流れたんだけど、その時も下の子の分のことは一切口にしなかったもんな。

なんなんでしょ、この差別は。




GGが帰って来てから、自分の顔つきがものすごーーーく変わったことに気が付いちゃった。

私この2年、ずっとこんな顔してたんだ…

眉間のシワ増えてるかもー。

旦那も一気にイライラモード。

完全にいつもの日常。現実に引き戻されております…

スポンサーサイト
ついに!
いつかやるだろう、というか、もしかして実はもう既にやらかしちゃってんじゃないの?と思っていたことが今日起こった。

朝方、GGがおしっこを漏らした。

昼間に我慢しすぎて外出先で漏らした前科はあったけど、おねしょ的なことは初の判明。




朝、まだ起きているのが私だけだった時。

部屋のドアをこーーーっそり開けて私の様子を伺う怪しい気配に思わず動きが止まった。

私がリビングに居るとわかると、隠れるようにドアをそーっと閉めて何やらいつもと違う様子がすぐにわかった。

しばらくして「グッモーニン!」と出てきたその手にはなぜかパンツが握られていた。

え………もしかして…………



いつもなら、部屋から出たらトイレに直行してドアを開ける音が聞こえるはずなのに…

なぜかジャージャー水の音が聞こえてくる。

ま………まさか!!

急いで洗面所に見にいくと、パンツが洗面台に置いてある!!

やっぱり‼️

洗面所で漏らしたパンツ洗いやがった!?

と怒りが先に来て「ここで洗わないで!」ってとっさに言葉が出た。

奴の反応は、「いやいや、ちょーっとだけだよ。ここでは洗ってないよ。手洗ってただけだよ」

嘘つけーーーーー!!!!!!

その後、旦那が起きて来たので、子供に聞こえないように小声で「漏らしたみたいだよ」って伝えたら、旦那は子供のことだと思ったらしく「はっ??誰が??」って(笑)

その後のことは旦那に任せ、私は一切ノータッチ。

夢見て少しチビったらしいよ。

いつかやるだろなーと思ってはいたけど、ついにやっちまったよ。

もうすぐオムツの常備が必要かもね~~

行動の変化
最近、GGが以前とは違う行動を取ることが多い気がする。

いつもは自分の部屋のドアを閉め、引きこもってることが多いのだけど、最近はドアを開けっ放しにしていたり、リビングに出て来て子供達の様子を眺めたり、散歩ついでに(自分が食べたい)お肉や果物を買って来たりする。

買い物して来るのは大歓迎なのだけど、ドアを開けっ放しだったりリビングに来たりするのは私としては正直ウザい。

部屋からクサーい臭いも漂って来るし。

視界に入らないようにしているけれど、実際はそうもいかないし、声が聞こえて来るのもホント嫌。

音楽を聴いたりしてる音がうるさいので私や子供たちがドアを閉めたりするんだけど、今日なんてものすごい気持ち悪い歌を歌ってたんだよーーーー。

ゾワゾワっとして怖くなっちゃった…



そんなGG、年末に1人で国に帰るんだって。

へー………不在になるのは嬉しいけれど、何しに?って感じ。

そのチケット買ってから行動が変わった気がするんだよなー。

もしかして北朝鮮問題で日本が危ないと思って自分だけ逃げようとしてるんじゃないかとすら思えて来る…

旦那には「あとどのくらい生きられるかわからないから好きなことする」みたいなこと言ってるらしいけど…

そういうこと言う奴に限って長生きすんだよなー!!

お願いだから私のイライラをこれ以上増やさないでくれっ!!

事件が起こった!かと思った…
普段、自室に引きこもってるGGも、時折ひとり散歩に出かける。

大体午後の2時すぎに家を出て、どんなに遅くても夕方の6時までには戻って来るというパターン。

平均すると一回につきおおよそ3時間の外出。

もう年寄りなんだから、そんなに長時間歩く必要はない!と旦那は何度も何度も言っていたのだけど、聞く耳持たない頑固ジジイは言うことを聞くはずもなく、むしろ最近は3時間以上帰ってこないことも増えていた。

そして今日、ついに事件が起こった。

いつも夕飯前には帰って来るはずのGGが戻って来ない。

ちなみに今日出かけた時間は午後2時ちょっと前。

もう既に5時間は経ってるぞ。

そこにタイミング良く(悪く?)電話がなった!

まさか…警察??

ドキッとしたけど別件だった。
t
電話を切った後、さすがに「これは遅すぎる」ってことになり、急いで夕飯を食べ終えて、私も大通りまで様子を見に行ったり、旦那は車で捜索に出かけたりと、ついにヤバいことが起こったぞ…という雰囲気に包まれた。

捜索に出て行った旦那から、GGの財布が部屋にあるかどうかチェックしてと電話があった。

カバンを開けると日本円が入った財布はないようだった。

よし、身分証明書は持っている。

日本語は一切出来ないけれど、これがあれば、何かあったらきっと警察から電話なり訪問なり何かしらのコンタクトはあるだろう。

引き続き捜索は続いた。

私は家で食器を片付けながら、なんだか複雑な思いでいろんなことを考えた。

ぶっちゃけ、いつも、GGが出かけた日には、「このまま帰ってくんな」って思ってた。

でもいざ本当に帰って来ないと、自分でも予想以上に動揺しちゃったりして…

ついにこの日が来た…?って思うと、自分の思いのせいでそうなったんじゃないかとか、とにかくいろんな事がぐるぐると頭を巡った。

そう思う片隅で、なんだかいつものように、きっと何事もなかったかのようにフラーっと帰って来るんだろうなーって思ったり…

そうこう考えているうちにまた旦那から電話があった。

「帰って来た?」

「来てないよ…どうする?警察に電話する…?」

「え…?そこまで?」

「その方が捜してくれるんじゃない?」

「………いや、もう少し捜してみる」

電話を切った後、落ち着かず再び大通りまで様子を見に行ってみた。

歩いて来る姿は全く見えない。

家に戻ってまた片付けを続けた。

これは大変なことになったぞ…

なんだか心がザワザワしてた。

少しして……………

ガチャガチャッっと鍵を開ける音がした。

旦那!?GG!?

急いで玄関に行くとなんとそこにはGGの姿が!!

「大丈夫!?」と聞いた私に対し、

「全然大丈夫!ただの散歩だよ」

「でも遅すぎるでしょ!?」

「あぁそうだね。道に迷っちゃって」

「どこ行ってたの!?」

「(しばし歩いたコースを説明)」

「〇〇(旦那の名前)は貴方を捜しに出かけたよ!」

「え!そんな必要はないよ。ただの散歩なんだから」

「もう少しで警察に電話するところだったんだよ!」

「(ちょっと笑いながら)全然問題ない!」

っつーかさ、みんな心配してるとか思わなかったんかね?

みんな心配してたんだよ!って最後に一言言ってやりたかったけど、このGGにこれ以上言っても無駄だなと思ってもう何も言わなかった。

てかGGとこんなに喋ったの久々だったよ(笑)

そしてすぐに旦那に電話をかけた。

GGの反応に呆れてしまい、「ツラーっと何もなかったみたいに帰って来たよ!!」って思わず言っちゃった。

しばらくして旦那が戻って来た。

第一声は静かーなトーンで

「どこ行ってたの?」

そしたらGGは私にも説明したように、自分が歩いたコースを得意げに長々と説明しだし、悪びれる様子もなし。

旦那が再び静かなトーンで続けた。

「オレがあなたを捜しに行ってたの知ってる?」

「知ってるよ!そんな必要はない!」

「いつもいつもそんなに遠くまで行くなって言ってたよね?携帯電話も持ってないし、何かあったらどうするの?」

「6時には帰ろうと思ってたんけど道に迷ったから遅くなったんだ!何の問題もないよ!」

「こんなに暗くなって、年寄りがどこかに座り込んでても見えないだろ?」

「あー、もういいよ!」

(旦那ブチギレる)

「ヘイヘイ!!💢心配してた人にそんな言い方はないよな!?問題ない問題ないって、80も過ぎた年寄りが暗くなって5時間も6時間も帰って来ないのに家で黙って待ってろって言うのか?(ここからしばしマシンガンのようにめっちゃ早口で怒りまくる)」

これにはさすがのKYなGGも最後には謝罪の言葉が出ましたよ。

旦那のマシンガンの怒り、いつもなら私も止めに入るんだけど、今日ばかりは止めなかったよね。だって正しいことしか言ってなかったんだもん。

心配かけたなんて全然思ってない。

全く反省もしていない。

本っ当ーに世話のやけるGGだよ!!

あわや大事件!!になりそうな珍事件でした。

病気になっても休めない
子供から夏風邪をもらってしまった…

高熱で身体中が痛くてだるくてしんどくて動けない。

旦那はさっさと自分だけ朝ごはん(シリアルだけど)食べて仕事行っちゃうし…

こういう時、プレッシャーというか負担というか重荷になるのが GGの存在。

私が病気だって解ってる時も、必ず朝ごはん食べずに待ってるの。

私を…じゃなく、私が作るブレックファーストを。

私が不在の時は、ピーナツバターのパンを自分で用意して食べているようなのだけど…

私が居るとね、どんな状況であろうが遅くなろうが、ぜーーーーったい待ってるの。

ウザいでしょ。

コレ、病気の時に限らず休日も同じだから、おちおち朝寝坊もしてられないし、ゆっくり起きて4人で外でブランチでもしよーってことが出来ないの!

GG用にパンだけは毎日切らさないように置いてあるから、勝手に食べててくれて構わないのに。

「ワシはもう朝ごはん済ませたからゆっくり休みなさい」って言ってくれたらどんなに助かるか…

今まで何度かダウンしてるけど一回もないわ!

喉も痛くて食欲もない私と子供だけの朝ごはんでいいならめっちゃ簡単なのに。




我が家の平日のお食事タイムはほぼ時間が決まって居るのだが、時々その少し前くらいにトイレに行くふりして私の準備状況を確認したりもするの。

さっきトイレ行ったばっかりだろ!ってタイミングだったりするからすぐわかる。

めっちゃウザい!!

病人に飯を作らせる神経の図太さもすごいけど、病気だって解ってるのに「大丈夫?」とか体調を気遣う言葉も一切かけないのも人としてどうかと思うよね。

子供たちもGGのことは「遊んでくれないし汚いからキラーイ」って言ってるよ。

誰とも接触せず自室に閉じこもってるからGGにはうつらないんだろうな。


プロフィール

いちご

Author:いちご
アラフォー主婦

不妊治療で子供を2人授かりました。
それまでの記録と子育て。
怒りっぽく、ケンカになるとモラハラ発言連発の旦那へのグチ(毒)を吐いています。
(現在は都合によりコメント欄閉鎖中です)


ここには頑張る人がたくさんいます!
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 不妊から出産、育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村

カテゴリ
過去記事

アクセスカウンター

今日のことば

お気に入り
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。