稽留流産手術後の後悔
昨日リセットするだろうと思っていたのですが結局来ず・・・
今朝の体温更にググッと下がり、28日目でリセット。本日1日目となりました。

そうなるとやはり前回の排卵日は「日曜の夜」ではなく、月曜日だったんじゃないかな~�菑�����V���[�Y���
月曜が祝日じゃなかったら人工授精できていたんじゃないかな~���[��

という思いが頭を駆け巡りますjumee��uuummm1a

でもまぁ過去のことを悔やんでも仕方がないか。。。

前に進んでいかなきゃね�L���L��

と言いつつ・・・

今日は過去の後悔を綴ってみたいと思います。(これが最後のつもりossan

4ヶ月前の流産手術の話です。

実は少し前に、ある方のブログで「稽留流産の診断が誤診だった」という記事を見つけました。

心拍確認後の8週の検診で、胎芽が確認出来ず稽留流産と診断されたのに、3日後の手術当日に別の先生が診察し、実は順調に育っていたことが解ったという内容でした。

こういったことは滅多にないことのようですが、私にとってはものすごい衝撃的なお話でした。

というのも。。。

妊娠するまでに関してはネットで検索魔になってある程度の知識はあったものの、流産に関する知識が全くなかった私は、稽留流産ですと診断されても、自分で調べることも出来ないまま翌日手術をうけてしまったからです。

医者から言われた内容は、「このまま置いておいても結果は変わらない」「早く処置をしないと大出血や炎症を起こす可能性がある」「次を考えるなら早い方がいい」といった内容でした。

だけど、後になって同じ経験をされた方たちのブログを読ませていただくと、ほとんどの方が1週間くらい様子を見てるんですよね・・・
結局は手術を受けられたことに変わりはないようですが・・・

でも問題は「自分が納得したうえで」って部分が私には薄かった気がするんです。

実は時々考えていました。

もしかしてそんなに手術を急がなかったら赤ちゃんは成長していたかもしれない・・・って。

ものすごく「今さら」ですが。

この記事を書かれた方の場合は「8週なのに胎芽が確認できなかった(医師の前代未聞の見落とし)」
私の場合は単純に「一度は確認出来ていた心拍が止まっていた」

これも大きな違いではあるけれど、あの時の妊娠が奇跡の中の奇跡だって思っているからこそ、もう少し時間を置けば良かったかな・・・と後悔が残っています。

これから先もこの後悔はずーっと残って行くと思いますが、こんな私を選んで短い間だけでも幸せを感じさせてくれた赤ちゃんに感謝して、前に向かって頑張って行かなきゃ�т����って思います。


にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
「妊娠中はお控え下さい」
そう書いてある商品って世の中結構多いんですよね。

健康食品、美容器具にリラクゼーション系、酒タバコの嗜好品まで幅広く・・・。

お酒とタバコの害については、妊婦じゃなくても誰もが知っている常識ですが、その他の商品については案外知らずに使ってしまう場合があるのではないでしょうか。。。
(だってあんなちっちゃーい字で書いてあるし??

実は私もつい先日知ってしまったのですが、少し前にちょっとしたブームになった、顔をコロコロするゲルマローラー・・・
これも妊娠中はお控え下さいの商品だったんです?A?b?v???[?h?t?@?C??

母が持っていたので、実家に帰省した際、借りて毎日のようにコロコロしてました。
電気使ってないから大丈夫だろうと・・・。っていうか一切疑いもせずに。
一応説明書も見た気がするんだけど????

「初期の流産は母体側でなく胎児側に原因がある場合がほとんど」
どこを調べてもそう書いてあります。

その言葉に救われてなんとか前向きに立ち直れた私ですが、このことを知った時はさすがに自分の行動を後悔せずにはいられませんでした。

そしてどれも「お控え下さい」って書いてる割には「なぜ使っちゃいけないのか」ってことが書いてないんですよね。

産まれて来る子供に何か影響があるの?
それとも流産を促す危険性があるの?
だったら「ちょっとくらい」ならそんなに影響はないの?
調べてみてもどこにも答えはありません。

他にも実家帰省で家事の一切を母がやってくれることに甘え、ひまを持て余してWii Fitで負担の少ない運動をしてみたり、ダラダラ生活で歩数が少ないと言って普段はしないウオーキングをしてみたり・・・

何の問題もなかったのかもしれませんが、自宅にいたらしていなかったであろう行動全てを取り消したい気持ちでいっぱいになりました。

そしてもう一つ、流産後に知ったことがあります。

野菜のゴーヤに流産を促す成分が入っているのだそうです。

実はこのゴーヤも食べてました����

そんなこと全然知らなかったし�E�E�E

でもゴーヤで流産するっていうなら沖縄の人はみんな流産しちゃうよねjumee��uuummm1b

ただ、私の流産が、今上げて来たものが原因とは言いきれません。
私がどんな行動をしていても、あれ以上育つことのなかった命なのかもしれません。

私の友人で、「妊娠判明の直前にスノーボードに行って転びまくった」という人もいるし「妊娠中、タバコをやめずに吸い続けた」という人もいます。
でも2人共無事に出産しています。

後悔は後悔として重くならない程度に心に留めておき、もしまた妊娠できる時が来たら、同じ行動を繰り返さないよう過ごして行きたい。そう強く思います。


ポチっとしていただけると励みになります。
ありがとうございます
��
���
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村
流産した瞬間
そんなの解るわけないって思うけど・・・

気持ちが少し落ち着いてから「ハッ」と思い出した瞬間がありました。

病院で「赤ちゃんの心拍が止まっている」と聞かされた時「大きさから言って2~3日前だと思う」と言われました。

告知の日から思い返すこと2~3日前。

いつものようにお風呂に入り、リビングのソファーで休もうと思った時、ほんの一瞬、急に心臓がおかしな動きをして、息が苦しくなりました。

でも正直言って、こんな感じのことは初めてではなく。。。かといって頻繁にあるわけでもないのですが、それほど気にも留めていませんでした。

もしかしてあの瞬間・・・

唯一旦那だけには話してみました。

でも「そんなことないよ」と予想通りの答えが返って気ました。

けれど私は、ひょっとしたらそうかもしれない、と密かに思っています。
私の中で育っていた小さな命が、最期の瞬間を教えてくれたのではないか・・・って。

他にもこんな経験された方いるのかな?
それともただの思い過ごし?��


ポチっとしていただけると励みになります。
ありがとうございます
��
���


にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村
流産して思ったこと
流産後最初の生理から16日目。
今朝の基礎体温も昨日と全く同じ温度。イコールまだ微妙な低温です。jumee��uuummm1b

今日は流産をして改めて感じたことを書いてみたいと思います。

昔っから、将来の人生設計を想像した時、私はいつも「子供は2人」というシチュエーションでした。

それは多分自分も2人きょうだいだったからだと思います。

私には姉が1人います。
子供の頃はよくケンカもしたけど、とても優しくて大好きな姉です。

先日も書きましたが、私が卵巣のう腫で入院した時、姉は車を2時間走らせてわざわざ日帰りでお見舞いに来てくれました。

当時姉は時間が不規則な仕事をしていたので、おそらく休暇を取ったわけではなく、寝る時間を削って来てくれたのだと思います。

そしてこないだ私が病院で、赤ちゃんの心拍が止まっているとの宣告を受けた時、偶然にも互いに実家に帰って来ていて一緒に過ごしていました。

その日、姉は子供たちを連れて学生時代の友人と遊びに出かけていたのですが、母から連絡を受けたらしく、すぐ私に電話をかけてくれました。

姉は「今から帰る」と言ってくれたけど、せっかく久しぶりに友達と会っているのだし、なんとなく一人で居たかったし・・・「帰って来ても結果は変わらないから」と断りました。

その日の夜、事情を解っていない姉の子供が何気に「今日ママね、いちごちゃんが手術するって泣いてたんだよ!」と笑って私に言いました。

それを聞いて私は何も言えず、涙をこらえるのに必死でした。

流産という現実をなかなか受け止められず、それまで涙も出なかったのですが、その時初めて現実をつきつけられた気がしました。

当の本人よりも先に姉が泣いてくれていたんです。

自分が自然妊娠できない。子供を授かるには時間がかかると解り、年齢的にもギリギリな私は、いつの間にか「一人でもできればいい」って思うようになっていました。

でも、私にはこんなに優しい姉がいてくれる。きょうだいってやっぱりいい。出来るならば自分の子供にもきょうだいを作ってあげたい。って改めて思ったんです。

姉にも2人子供がいます。

まだまだ小さいのでいつもケンカばかりしていますが、この子たちも将来大きくなって、どちらかが困った時、互いに助け合えるきょうだいになって欲しい。そう思います。

流産をしなければ、もしかしたら感じなかったことかもしれません。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村
流産後リセット13日目
いつもなら生理から11日目~12日目に排卵があって、少しずつ高温期に移行して行くはずの私の基礎体温。

11日目である先週土曜日から、排卵痛のようなチクチクした痛みがあったので、よし!順調!と思っていたのですが・・・

今日は13日目ですが、まだまだ低温でした。なぜだ~??

でも「流産後、1回生理がきた後の方が基礎体温がガタガタだった」という記事も見たので、まだまだ私の体も本調子ではないのかな・・・と思いつつ、それでも”ガタガタ”ではなく、”ずーっと低温”なのでまだまだ大丈夫かな、と思ったり。

生理が来ただけでは安心できないってことを思い知らされます

来月は再度人工受精にトライしようと思っているのに、なんだかスムーズに行かないところが歯がゆいです。

流産をしてしまってから、ネットで色んなことを調べすぎて、妊娠前よりもかなり妊娠に対する不安が増えてしまった気がします。

その中でもやっぱり一番不安を感じることは「ダウン症」についてです。

主な原因は母親の卵子の老化・・・ということで、高齢になればなるほど確率が高くなるようです。

昨日、街へ出かけた際に、「1歳に満たないであろう赤ちゃんを連れている割にはちょっと年がいったパパ」を見かけました。
そして後ろから2人に近づいてきた「パパと同世代くらい(40代中?)のママ」に目が行きました。

失礼ながら、そのママの顔のしわやお肌のはりなどを見て「随分高齢で産んだんだなー」と思っていたら・・・

さっきまで後頭部しか見えなかった赤ちゃんが正面を向きました。

ダウン症でした。

なんだかドキっとしてしまいました。

その後しばらくそのご夫婦のことを考えていました。

高齢だから、もしかしたら不妊治療の末にやっと出来た赤ちゃんだったのかもしれない。

もし自分だったら

一生子供のいない人生を送るor障害を持った子供を持つ

どちらを選ぶだろう・・・と。。。

あーなんだかマイナスなことばかりが頭をかけ巡ります

それでもやっぱり早く授かりたい。心からそう思います。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村
プロフィール

いちご

Author:いちご
アラフォー主婦

不妊治療で子供を2人授かりました。
それまでの記録と子育て。
怒りっぽく、ケンカになるとモラハラ発言連発の旦那へのグチ(毒)を吐いています。
(現在は都合によりコメント欄閉鎖中です)


ここには頑張る人がたくさんいます!
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 不妊から出産、育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村

カテゴリ
過去記事

アクセスカウンター

今日のことば

お気に入り
リンク