検査(4回目)
今日は排卵後(高温期)のホルモンを調べる血液検査。

これによって着床するのに問題があるかどうか解るのだそうです。

先日提出していたダンナの精子検査の結果も同時に聞いてきました。

フーナー検査の時には、「精子の数が少ない」と言われていたので、ちょっぴりドキドキしていたのだけど、結果はなんとかなり優秀とのこと

ほとんどの項目で正常値よりもズバ抜けて数値良かったです。

特にスピードが早い元気なのが多かったみたい

フーナー検査で脅かされたけど、ダンナの方は問題なしと判明。よかった

私のホルモン数値も問題無しで、基礎体温表を見た先生は「期待して下さい」と言ってたけど、正直私は期待してない

期待しすぎて何度も裏切られてきたしね・・・

もし今度生理がきてしまったら、今度は私が一番心配している「卵管造影」をやることになっています。

不妊検査を一通りやるのにこれだけ長い期間かかる理由は、女性のサイクルももちろん関係しているけど、同じ月に健康保険の適用ができる回数が限られてるんだって初めて知りました。

保険がきいても結構高額なのに、きかないならかなりの大出費。

少子化少子化って騒いでる割に、不妊治療に保険適用しないっていう社会問題にも初めて直面。

今はまだ自然妊娠目指してる所だからいいけれど、それが無理だということになった時のことを思うと確かにどうにかして欲しい。

4回目の検査費用:精子検査(保険適用外)¥6,300-
         高温期ホルモン(血液)検査 ¥1,940-


スポンサーサイト
子は親を選ぶ
「子供は親を選べない」と一般的に言いますが、以前、「子供は親を選んで産まれてくる」という内容の本を読んだことがあります。

そういったことを研究している先生がいて、まだピュアな子供たちにインタビューして本にまとめたものです。

純粋な子供たちが作り話をしているとも思えないし、とても興味深く読みいりました。

その本によると、お母さんのお腹に入る前、雲の上から大勢の子供たちが地上のママ候補を見ており、時期が来たら1列に並び、自分の順番が来たら神様に「あの人の所に行きたい」と申し出て、お腹に入っていくんだとか。

だからその時にママがどんな服を着ていたということまでも、鮮明に記憶している子供もいるそうです。(しかも本当にその服を持っていたらしくママもびっくり!)

どうしてこのママを選んだのか?という問いに対し多かったのは「優しそうだったから」というもの。
中には「パパとケンカばかりしていたから僕が行けばしなくなるかな~と思った」とか、「自分で決められないって言ったら、神様が、子供を欲しくて仕様がない夫婦を指差して、”あの人たちの所に行ったら?”とすすめられた」とか、ちょっと涙が出そうになる理由も・・・

中でも興味深かったのは、兄弟として産まれてくる子供たちは、雲の上で「同じお母さんの所に産まれてこようね」って約束しているんだそうです。

それってスゴい

その本を読んだという子供のいない年上の知人は、「私、選ばれなかったってことだよね~」と半分冗談まじりに笑っていた。

あの頃はまだ子供が欲しいと思い始める前だったけど、あまりに衝撃的な内容だったため、今でも時々思い出すことがある。

そしてふと、私は上から見ている天使たちの目にどう映っているのだろうか・・・と考える。

いつの日か私の所にも天使がやってきてくれるなら、物心つく前に絶対に聞いてみたいことの一つです。



検査(3回目)
昨日は初のフーナー検査。

タイミングを取ってから10時間以内に内診し、子宮の粘液と精子の相性を見ると同時に、精子の数もチェックできる。

結果は・・・

相性は合格だけど、精子の数が少ない。。。とのこと。

子宮の入り口あたりからランダムに数カ所摂取した精子が、それぞれ10匹以上いるのが理想の所、ダンナのは7匹~9匹と書かれてた。

まぁさほど大問題ではなさそうだけど、なるべく早くに精子検査をすることをすすめられた。

帰宅したダンナにそのことを話すと、さすがにショックだったみたい

そりゃそうだよな。。。

でもこれはストレスとか関係あるみたいで、現在自分がストレスの中にあるっていう自覚があるので、一時的なものかもしれないし・・・

ということで来週にも正式な精子検査を受けることを決意したみたい。

私の方は、といえば、既に排卵も終わっていることが確認でき、病院からの帰り道もズキズキチクチク痛みを感じていた。

今までいわゆるこの「排卵痛」というものが、排卵前に起こるものなのか排卵後に感じるものなのかってことがずっと疑問だった。

なぜならこの痛み、だいたい2日くらい続くので、一体いつが排卵なの?と不思議だったのだ。
考えるに、おそらく最初にチクチク感じ始めた時に排卵していて、翌日以降は破れた部分がズキズキ痛むんじゃないかな、と。
あくまでも私の場合だけど。

この2日間やった超音波の卵砲チェックと、自宅での排卵検査薬の併用で、自分の排卵日がほぼ解るようになったのはとっても大きな収穫。

3回目の検査費用:フーナー検査、超音波卵砲チェック(保険適用外)¥2,810-


検査(2回目)
本日2回目の検査。生理から12日目。

今日の検査は卵子の大きさを見て排卵日を予測する「卵砲チェック」

前回の診察の際、「次回は8日か9日に来て下さい」と言われていて、早く行きたい気持ちもあったのだけど、昨日は念のため自宅で試した排卵検査薬のラインが出なかったので1日我慢。
今朝のテストではラインが出てました。

検査の内容は内診で「何か入れられた!」って思ったら、横のモニターに丸い卵子が映っているのが自分で確認できました。

卵子は20mmくらいになったら排卵するらしく、私のは18mmだということで、「今日の夜に排卵だね。今日タイミングを取って下さい」とのこと。
ちなみに前回の血液検査の数値も異常なし。

生理から12日目での排卵は思ってたよりも早いよな~
ネットなんかで調べても生理周期が28日くらいなら排卵日は14日目って書いてある。
やっぱり人によって違うんだ。。。
市販の排卵検査薬も馬鹿にできない。結構正確!

今日タイミングを取って、明日また病院へ行くことに。

明日はフーナーテスト。(子宮内に精子がちゃんと入っているかどうかの確認や相性も見る検査)
これは間接的な精子検査にもなるらしく、まだダンナの方をチェックしていないのでなんだかドキドキだな。
だって中で出した次の日は、自分の意思に関係なく流れ出てくることも多いし

冷静に考えたら、このフーナーテストって恥ずかしい

あの「自動また開きの椅子」に今日久しぶりに座って少し緊張したけど、明日はもっと色んな意味でドキドキしそう。。。

本日の検査費用:超音波卵砲チェック(保険適応外)、LH尿検査。¥3,130-

プロフィール

いちご

Author:いちご
アラフォー主婦

不妊治療で子供を2人授かりました。
それまでの記録と子育て。
怒りっぽく、ケンカになるとモラハラ発言連発の旦那へのグチ(毒)を吐いています。
(現在は都合によりコメント欄閉鎖中です)


ここには頑張る人がたくさんいます!
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 不妊から出産、育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村

カテゴリ
過去記事

アクセスカウンター

今日のことば

お気に入り
リンク