スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうせ自然妊娠なんてしないけど
流産後、最初の生理から約2週間が経ちました。

普通の人ならこのあたりで排卵日なのでしょうけど・・・

今朝の体温もまだ微妙な低温。はたして排卵はあるのだろうか�菑�����V���[�Y���

子作り再開の時期について、流産の手術をした病院では「3ヶ月くらい空けてから」と言われ、人工授精をしてもらったクリニックでは「2回目の生理がきたら」と言われています。

正直「そんなに時間を無駄に�A�b�v���[�h�t�@�C��」とも思ったけれど、基礎体温を見ると今はそれの真意が理解できます。

だから今月はお休み周期。ちょっと悲しいけれど。

今まで自己流も合わせたら1年くらい?タイミングでは妊娠しませんでした。

だからどうせ仲良ししても出来ないことは解ってる。

でも何~んにも楽しみがない周期ってしばらくなかったから、ものすごくつまらない気がしてしまって・・・��

そう思っていたら昨日、旦那に誘われたので仲良ししてしまいました。

もしかして流産を機に体質が変わって自然妊娠できるようになってるかもjumee��excite2
(んなわけないか)

でも、ほんのちょっとだけでもいいから何かドキドキできることが欲しかったんです。

流産後すぐの妊娠についても、ネット情報では特に問題ないと書かれていたし。。。

でもまぁ私の場合その可能性は限りなくゼロに近いけど��

とにかく今は、ちゃんと高温期が来てくれることを願うのみです。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
これが私のタイミング
最近、色んな情報を知りすぎたせいで、少しネガティブな日記になってしまっているかもjumee��uuummm1b いかんいかん。

今日は私の過去の病気がらみで思うことを書いてみます。

25か26くらいの時(忘れた)片方に卵巣のう腫が見つかり、手術をしました。

全摘ではなく内視鏡で膿みやなんかだけ吸い出し、卵巣は温存となりました。

手術をしてくれた医者は「もう片方もなる可能性があるから、子供は早く作った方がいい」と言っていたみたいです。(これまたあまり記憶にない)

その後29歳の時に結婚し、作ろうと思えばいつでも子供は作れたはず。

でも色々な事情や状況から、どうしても子供を持つことに自信が持てず、そうこうしてる間に月日は流れ、やっとその気になった時、私は32歳になっていました。
そこから「あれ?なかなか出来ないぞ」と思い「自分はもしかして不妊?」と気づいた時には既に33歳になってました。

もし結婚してすぐ子作りしていたら自然妊娠していたの?
私はいつから不妊だったの?

そんなこと誰にも解りません。

でもクリニックに通うようになってから解ったことがあります。

手術で温存した片方の卵巣、どうやら機能していないようです。

排卵チェックに行くと、毎月「右側が育ってますね」と言われます。

気になって先生に尋ねても「特に問題ないですよ」と言われました。

確かに問題はないのかもしれません。

でも正直ちょっと気になるよね・・・

右側の卵巣にばかり働かせて「老化」の問題はないの・・・?
もしあの時の医者の言うように「もう片方」も病気になっちゃったら・・・?
そしてもし一度でも子宮外妊娠してしまったら・・・?私にはもう「体外受精」しか道はありません。

知り合いで、10代の時に片方、20代中頃にもう片方、私と同じ病気になった人がいます。

彼女は片方全摘していて、もう片方も癒着がひどく、30代後半の時、体外受精で妊娠しました。(今は無事にママになってます)

今更ながら早く子作りしなかったことをちょっぴり悔やんでしまうけれど、あの時はまだ「親になる」って気持ちにはどうしてもなれなかったんです。

この1年でやっと心から「子供が欲しい」って思うようになったんだよな~。
その心境の変化は自分でもすごく不思議なくらいなんだけど。

過去を振り返っても仕方ない。これが自分たちで選んだタイミング。
自分たちの運命だったんだ。そう思うしかない。

今朝の基礎体温も微妙に低温。まだ希望は捨てないぞ�撣�邼�B���[��B

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村
流産後リセット13日目
いつもなら生理から11日目~12日目に排卵があって、少しずつ高温期に移行して行くはずの私の基礎体温。

11日目である先週土曜日から、排卵痛のようなチクチクした痛みがあったので、よし!順調!と思っていたのですが・・・

今日は13日目ですが、まだまだ低温でした。なぜだ~??

でも「流産後、1回生理がきた後の方が基礎体温がガタガタだった」という記事も見たので、まだまだ私の体も本調子ではないのかな・・・と思いつつ、それでも”ガタガタ”ではなく、”ずーっと低温”なのでまだまだ大丈夫かな、と思ったり。

生理が来ただけでは安心できないってことを思い知らされます

来月は再度人工受精にトライしようと思っているのに、なんだかスムーズに行かないところが歯がゆいです。

流産をしてしまってから、ネットで色んなことを調べすぎて、妊娠前よりもかなり妊娠に対する不安が増えてしまった気がします。

その中でもやっぱり一番不安を感じることは「ダウン症」についてです。

主な原因は母親の卵子の老化・・・ということで、高齢になればなるほど確率が高くなるようです。

昨日、街へ出かけた際に、「1歳に満たないであろう赤ちゃんを連れている割にはちょっと年がいったパパ」を見かけました。
そして後ろから2人に近づいてきた「パパと同世代くらい(40代中?)のママ」に目が行きました。

失礼ながら、そのママの顔のしわやお肌のはりなどを見て「随分高齢で産んだんだなー」と思っていたら・・・

さっきまで後頭部しか見えなかった赤ちゃんが正面を向きました。

ダウン症でした。

なんだかドキっとしてしまいました。

その後しばらくそのご夫婦のことを考えていました。

高齢だから、もしかしたら不妊治療の末にやっと出来た赤ちゃんだったのかもしれない。

もし自分だったら

一生子供のいない人生を送るor障害を持った子供を持つ

どちらを選ぶだろう・・・と。。。

あーなんだかマイナスなことばかりが頭をかけ巡ります

それでもやっぱり早く授かりたい。心からそう思います。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村
サプリとお茶
「不妊」についてネットで調べると、どこそこのサプリを飲んで妊娠した!とか、ホントかな?と思う情報を目にすることが多くありました。

本気で悩んでいる人にとっては、良いと聞けば自分も試してみたいって思うのが当然だと思います。
私もその中の一人でした。

だけど一連の検査から妊娠、流産を経験して今思うことは、ホントに効果があったものってあったのかな?というのが本音です。

よく名前が出て来るサプリに「マカ」があります。

私は2ヶ月くらいしか飲まなかったけど、その間結局妊娠なんてしなかった。

妊娠したのは結局「人工授精にステップアップしたから」だと思う。

「葉酸」もどっかのサイトで「流産しにくい体に・・・」みたいに書いてあったし、「タンポポ茶」も良いって書いてあったけど、両方1年以上飲み続けてる私でも自然妊娠しなかったし流産もしました。
まぁ葉酸は違う意味で飲んでいた方が良いみたいですが。

ただでさえ治療費にお金がかかっているのに、そんなものにもお金をかけていた自分がなんだかとても虚しく思えたこともありました。

そして、そろそろ高齢出産の域に入るとなると、今度は「卵子の質」が問題になり、卵子の若返りのために「ルイボスティー」が良いという情報も目にしました。

効果あるの?と思いつつ、もちろん買ってしまいました

やれるだけのことをやれるだけやってみる。

これは無事に自分の子供を抱く日まで続いてしまうのかもしれません・・・


流産後、最初の生理終了
数日前、流産後、最初の生理が終わりました。

始まった時にも書きましたが、私の場合特に量が多いということもなく・・・

日数も6日程度といつもと変わらない生理でした。

生理が始まる前までは、「基礎体温がガタガタ」と思っていたのですが、実は生理開始からガクンと低温になり、今見るとグラフは2層になっています。

ただ、あれ(生理が来るまで)が全部高温ということになるのなら、14日以上高温だし、やっぱり排卵はなかったんだろう。と思います。

妊娠前の普段の基礎体温は、36.50を境にして低温、高温と2層になっていました。

でも流産後に計っていた時は36.3台~36.7台っていう時もあって「ガタガタ」と思っていました。

でも生理が始まってからは36.1台っていうことが多く、一応これが低温だな、って解るグラフになってます。

「流産後は体温が低くなった」って書いてた人もいたから、もしかしたら私もそんな感じなのかもしれません。

やっぱり基礎体温はちゃんと計った方が良いみたいです。

生理が始まってから、安心したせいか気持ちも大分落ち着いて来ました。

妊娠前以上に、やっぱり子供が欲しいな。って思うようにもなってきてます。

ただ、1度流産を経験してしまっただけに、色々と不安材料は増えたかもしれません。

結婚したら普通に子供が出来るのが当たり前。妊娠したら産まれて来るのが当たり前。産まれた子供は健康であって当たり前。

今までそう思ってきた自分の中の法則が全て「違うんだ」って解ってからは、今この世を生きている人たち(自分を含めて)は奇跡の人なんだな・・・って感じています。

流産をしてからは、安定期を過ぎた後でも無事に産まれてこれない(死産)赤ちゃんがいることも知りました。

たとえ産まれて来ても何かしらの障害を持っている子供もいることを知りました。

全てではないけれど、それは母親の年齢に関係していることも知りました。

私もそろそろボーダーライン・・・

情報は「確率」で表現されてることが多いけど、どんな数字であっても、自分がその少数派にならない保証は全くない。

今頃焦っても仕方ないけど。。。

そして思うことがあります。

できれば無事に産まれるまで、もしくはギリギリまで周りの友人には妊娠を黙っておきたい・・・と。

もちろんそれは無理なことですが、出来るのならそうしたいな~って。

私の友人で、12週くらいで自身のブログで妊娠報告をした人がいます。

本人がそうしたいならすればいい話だけど、私は絶対したくないな・・・出来ないな、って思いました。(ここのブログは友人には未公表なので別ですが)

だっていつ何が起こるか解らないし・・・

彼女も以前1度流産経験しているのに、そんな気持ちないのかな~なんて考えたりもしてしまいます。

順調にいけば彼女の3ヶ月後に出産予定だった私。

彼女のブログからは足が遠のいてしまっています・・・

次回生理が来たら再び通院を開始します。

もう一度、そして今度こそ。。。。。。。。。。

流産手術後、最初の生理
昨日の午後やっと来ました。。。

手術から41日目です。

先生に言われていた30~40日が過ぎたし、ネットで再手術のことなども知って気になっていたので、連休前に(今日あたり)クリニックで診てもらおうと思っていた矢先でした。

基礎体温を見る限り、流産後は無排卵で生理が来たのではないかと思います。

でも今朝の体温はかなりガクッと低温でした。

流産後最初の生理は量も多いし生理痛も重い・・・とよく目にしましたが、今の所いつもと変わりない感じです。

それにしてもここまで基礎体温がガタガタで前触れのない生理を迎えたのは初めてです。

でもコレでようやくリセットできたので、気持ちも新たに前に向いて進んで行きたいと思います。

お酒
もともとお酒を飲むことがほとんどなかった私ですが、妊娠がわかってから「お酒はダメ!」となると、無性に飲みたくなったりしてました。

そのまま流産をして、まだホルモンバランスも整っていないようだし、本当はいけないのかもしれませんが、昨日、ちょっとヤケになって(?)数ヶ月ぶりに缶チューハイ飲みました。

季節限定、梨のチューハイです。美味しかった

お酒を飲むと体全体が心臓のようにドクドクして顔も目も充血するタイプ。。。

正直いつもは350ミリの缶半分で結構限界なのに、昨日は一人で無理矢理1本飲んでしまいました。

おかげで後半はかなりフラフラ

ちょっと自分を痛めつけすぎかな~なんて思ったりもしたけど、買ってからずっと飲みたいって思っていたお酒だったし、これでひとまずは満足したからしばらくはいいです。


自分が不妊かも?って思った時もそうでしたが、流産を経験してからも、自分と同じような体験、思いをしてる人がたくさんいるんだなーと感じています。

ネットで色々調べようと思うと、そういったブログを書いている人の多さにびっくりします。
不妊も流産も人にペラペラしゃべるようなことじゃないから、もしかして私の周りにも密かに悲しい経験してる人もいるのかな・・・なんて考えたりもしました。

実際、私の母も祖母も流産を経験しています。
母のことは以前から知っていたけれど、祖母のことは今回初めて聞きました。
私が流産しなければ多分ずっと知ることもなかったことだったかもしれません。

昔と今の医療の違いなどもあるんでしょうが、これだけ身内に経験者がいるのだから、友人・知人の中にも居てもおかしくありません。

ツライのは自分だけじゃない。

そう思えて勇気をもらえるけれど、年齢的に余裕がないので、もっと早く子作りしていればよかったのかな・・・なんて思っちゃう自分もいます。

早く生理こないかな~

生理がこんなに待ち遠しいなんて。
稽留流産の術後、約5週間経過。

基礎体温は相変わらず高温と低温の中間地点をウロウロ不安定が続いています。

つい4日ほど前、鮮血まじりのおりものが出たので「おっ!生理来た」と喜んだのもつかのま・・・
結局その後ピンク?薄茶?のおりものが出たっきり生理にはなりませんでした。

結構前から生理が来る前のお腹の痛みみたいなものも感じる時もあるのに、トイレに行く度にがっかりさせられてます。

今までは「生理来ないで!」って思ってきたのに、こんなに生理が来て欲しいって思ってるのはおそらく産まれて初めてだと思う。

手術をした病院の医者からは「30~40日後に生理がきます」と言われていた。
40日にはまだ数日あるけれど、基礎体温を見る限りいつくるのか全く予想できないし、気になってネットで色々調べてしまい、随分長い間来なかった人の話や薬を飲んでやっと来たという人の話を見てますます不安になってる自分がいる。

余裕を持って50日経って来なかったら人工授精でお世話になったクリニックに一度行ってみようかな・・・と考えてみたり。

今まで生理不順も不正出血も重い生理痛も一切ない私だから、術後の経過も大丈夫であろうという根拠のない自信がどこかにあった。
それだけに生理が止まってしまっている事実が不安でしょうがない。

術後の検診で、子宮内に取るべきものがまだ残っていることがわかり、1ヶ月後にまた再手術となった人の体験談も目にしただけに、なんだか自分もそうなんじゃないかってどこかで思ってしまう自分もいる。

早く生理来て安心したい~

目が行く
順調にいっていれば4ヶ月に入って、そろそろ安定期~なんて頃だったと思います。

自分が妊娠して、流産を経験して、外に出ると前にも増して妊婦さんが目に入ります。

私とほぼ同時期に妊娠したと思われる青木さやかも毎週お昼の生放送で見ることになるので、彼女のお腹にも目が行きます。

私も今頃このくらいの大きさになってたのかな~・・・ってね。

なんだかこの4週間、全てが夢だったんじゃないか、遠い昔の話だったんじゃないかっていう気さえします。

妊娠自体も実感がないまま過ごしていたし、そんな感じだったから流産してもいまいち実感わかなかったのかもしれない。

人間って欲深いな。って思う。

体外受精までいくかも?って思ってた頃は、年内に1回チャレンジできればいいか。って思ってたはずなのに、1回目の人工授精で妊娠できた途端、ひと月でも早く次を!って思ってる自分がいる。

もっと気持ちに余裕を持って生きられたらいいのに。

そしてこんな時期に旦那の仕事のことでちょっと心配事が増えました。

欲張りかもしれないけど、こんなツライ流産を経験したのだから、せめて旦那の問題だけは全て希望通りに行って欲しい。

最初で最後かもしれないビックチャンスも、どうか掴むことができますように・・・

流産後の基礎体温
稽留流産の手術からもうすぐ4週間が経とうとしています。

術後18日目くらいから再び基礎体温をはかり始めたのですが、やはりどうも安定していないみたいです。

順調にいけばどんなグラフになるのか解りませんが、私の場合低温でもなく高温でもなく・・・ちょうど中間あたりを彷徨っています。
急激にガタガタしているわけではないので、まぁある意味安定してるって言えるのかしら

この調子でいくと、1回目の生理は無排卵のまま迎える気配です。

自宅に戻りネットが使えるようになると、いけないと思いつつも色々調べてしまいます。

「流産後の基礎体温は安定しない」「安定するまで3ヶ月かかった」「最初は無排卵で生理がきた」「周期が狂った」などなど・・・

不妊治療の情報と同じだけど、結局体調は人それぞれだから、他の人の体験談はあくまで参考程度にしかならぬ・・・。解っているけど調べてしまいます。

基礎体温を計っていれば、いつ来るか解らない生理(術後30~40日後に来ると言われている)もだいたい予想できるであろうと思っていたのだけど、こうなると全く読めないのがちょっと不安。

早く生理を見て安心したいという気持ちもあるし、でも2回目以降ちゃんと安定してくれるかなーと心配もあったり、再度クリニックに通ってまた妊娠できたとしても、今話題の新型インフルエンザも怖いなーと思ったり・・・

色々不安材料も多いけど、結局前に進むしかない。
ガンバレ!自分。

増税・・・
2009夏の選挙が終わり、民主党が政権をとることとなりました。

民主党が良い!ってわけじゃないけど、自民党には任せられない!って思いで一票を投じられた方も多かったのではないかと思います。
私もその中の一人です。

マニフェスト、報道番組などでおおまかではありますが目にしました。
民主党の政策、賛成できる物もあるし出来ないものもあります。

その中でも特に一番ひっかかるのが「扶養控除の廃止」についてです。

子供手当が大幅に増えて、既に子供のいる家庭には嬉しい収入増になります。
それはそれで素晴らしいこと。(実現できればの話しですが)
でもその分の財源はどこから来るのか?

「子供が居なくて妻が専業主婦の家庭」だって。
まさにウチなんですけど~

私だって好きで専業主婦してる訳じゃない。
この不況でなかなか希望に合う仕事もないし、何より不妊治療するにあたって、病院に通いやすいようにフリーにしてるんです
うちみたいに「子供が欲しくても出来ない」夫婦も居るってことを忘れて欲しくない。
その辺のこと考えてくれてない気がします。

選挙の後、テレビの中で国会議員の頭の古~いおじさんたちは「お金があれば子供も作れるでしょ?」的なことも実際言ってたし本気でそう思ってるのかもしれない。
だけど!
世の中には欲しくても出来ない夫婦がいーっぱいいるんだよ!って言いたい。

しかも不妊治療には保険がきかないものも多いのでお金もかかります。
体外受精などの高度治療が必要な人ほど通院の回数も多くなって仕事なんて出来ないんですよ。
そんなに休みや遅刻ばかりだとクビ!って言われちゃう。

ただでさえ普通の家庭よりお金かかってるっていうのに、これ以上増税するなんて、考えただけで悲しくなって来る

薬害被害者の方が今回の選挙で当選されてたけど、誰か「不妊治療経験者です!」っていう看板背負って立候補してくれないかなーと本気で思ったりもしました。

マニフェストに書いたことはやらないとダメなんだよね~?・・・
でもこういうちっぽけな意見も誰かに受け止めてもらいたいな。。。

プロフィール

いちご

Author:いちご
アラフォー主婦

不妊治療で子供を2人授かりました。
それまでの記録と子育て。
怒りっぽく、ケンカになるとモラハラ発言連発の旦那へのグチ(毒)を吐いています。
(現在は都合によりコメント欄閉鎖中です)


ここには頑張る人がたくさんいます!
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 不妊から出産、育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村

カテゴリ
過去記事

アクセスカウンター

今日のことば

お気に入り
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。