移植から1週間
今日でちょうど移植をしてから1週間になります。

もしかしたら私の体の中ではもう答えが出ているのかもしれない・・・

気になるけどもう少しの辛抱です。

rough_living02.gif

移植をしてから、毎日をどんな風に過ごしたらいいのだろう?と考えていましたが、どんな生活をしてても妊娠する時はするししない時はしない。
そう考えていつもとさほど変わりない生活をしています。

ただ、せっかくお腹に戻した受精卵が何かの拍子に出て来てしまわないだろうか?と思い、一応自分なりに『走らない』『自転車に乗らない』『便秘をしないようにする』『家事をしていない時はなるべく横になる』(これくらいかな?)気をつけて生活しています。

掃除はちょっと手抜きをしてるけど、買い物には行かなきゃいけない。
どうせ定期的にクリニックにも行くんだし、寝てばっかりはいられません。

ちなみに今日はクリニックで血液検査がありました。

もしかして先生自分だけ先にこっそりHCGの数値調べちゃうんじゃないのと疑っていましたが、今日の検査項目は"E2"と"P"の2つだけ。

どちらも問題なしということでまた油性と水性の注射2本打たれて終了でした。

この恐怖の油性注射ですが、先週の土曜日に初めてお尻(というか腰?)に打ってもらったのですが、腕の時とは明らかに痛みが違う

もちろん痛いことに変わりはないけど、お尻と腕では筋肉の量が違うので感じ方が全然違うのだそうです。

ちょっぴり恥ずかしいけど油性はお尻で決まりです。あと1回頑張らねば

ちなみに体の変化?と言えるかどうか解らないけれど、胸がとっても痛いです。

乳首痛には人工授精の段階で何度も期待させられていたし、最後の最後で薬の副作用だと気づきました。

今周期は採卵日あたりから乳首痛もあったので、これに惑わされることは一切ないけれど、この胸の痛みは今までにない変化です。

ただ、体外のホルモン補充が初めてであることと、体に変化が出るには少し早すぎるのかな?という思いからあまり期待をしないように過ごして行こうと思っています。


6/26の治療費:黄体ホルモン補充注射2本分\1,365-
本日の治療費:血液検査(E2,P)、黄体ホルモン補充注射\6,195-



にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
移植日(振り返り)
昨日の採卵編に続き、今回は移植編です。

<採卵の翌日11:00に電話で受精確認、そして更に翌日の朝11:00に分割確認をしています>

【移植日当日】

午前中、分割確認でOKが出たので、夕方17:30からいよいよ移植です。

15分前には受付を済ませるように。とのことでしたが、かなり早めの17:00過ぎには到着してしまいました。

呼ばれてすぐに血液検査。

その後、先生とのお話のため診察室へ呼ばれました。

机の上には初めて見る私たちの受精卵の写真

先生から言われたことは
(1)の状態があまり良くなかったので顕微受精になってしまったこと。
(2)今日の時点で4分割になっていて欲しい所、1つは6分割のグレード1、もう一つは少し遅めで3分割のグレード3であること。
(3)グレード3の方は凍結するのも・・・という感じなので、今日2つ移植しましょうということ。
(4)2つ戻すとお互いの相乗効果で着床ホルモンがたくさん出るということ。

他にも色々お話したのですが、それについてはまた後日別にUPします。

そして一度診察室を出て、看護師さんに別室に通されました。

移植はいつも内診をする所でやるのかな・・・?と思っていたのですが、採卵をした時と同じ部屋、そして同じ台(ベッド?)で行いました。

事前にスカートをはいて行くと着替えなくて良いと聞いていたので、スカートで行き、ショーツだけを脱いでオマタ全開ベッド?に乗るように指示がありました。

この時は看護師さん1人と培養士さん1人。

移植の際は『尿をためておかなければいけない』と諸先輩がたのブログで知ってはいたのですが、どの程度ためればよいのかイマイチ解らず・・・

一応2時間半くらいトイレに行かずに待機していたのですが、看護師さんに「あまりたまってないみたいですね」と言われてしまいました

お腹からエコーを当てて、モニターに丁度いい具合に子宮が映るように時間をかけて調整。(私のせい?ゴメンナサイ

尿がたまっているともっとキレイに映るそうです。

そして準備が出来て先生の登場。

名前、生年月日を自分で言わされ、先生も培養士さんも何度も何度も名前を口に出して言っていました。

取り違え防止の為だと思われます。

膣洗浄をしてから器具を入れられ、カテーテルで卵チャンが入れられました。

この時「今ここにあるの解りますか?」とモニターを見せてもらいました。

子宮に戻した受精卵は、モニターで白く光って見えます。

あ~、ついにお腹に戻ってきたんだな~と不思議な感動がありました。

先生が去った後、足を下ろして横になり、ベッドをやや傾けた状態で15分間待ちました。

この間、お話好きの看護師さんだったので色んな話しをしてました。

15分後、台から下り、着替えて再び先生とのお話。

血液検査でホルモンの数値が問題なかったということと、今後の通院予定表、今日の夜から飲むルトラール(1日2回朝夕×14日分)をもらい、診察室を出る。

そして最後の極めつけ

黄体補充の注射を2本。
水性1本と油性1本、初体験です

これが存在自体は知っていたけど想像以上に強烈でした。

お尻にする人が多いけど、全然平気って人もいる。と聞き、初回なので物は試し!利き腕ではない左の肩にブスッとやってもらいました。

打たれている時はそうでもなかったのですが、終わった後から腕が重い

少し触れただけでもドーンと来る痛み。

この注射の後は絶対に満員電車なんて乗れません

家に帰ってからも腕が上げられないくらい痛かったので、結構長引きそう・・・と不安だったのですが、翌日の朝にはウソのように痛みがなくなっていました。

でももうこんな痛いのイヤなんで、次回からはお尻にしてもらおうと思います。お手入れしとかなきゃ

しかもこの恐怖の油性注射、聞く所によるとあと3回も予定になってる

誘発の時の連日注射でツライなんて思ってたけど、これに比べたら屁のカッパだったかも

なんかもっと他の方法ないのかしら

油性イタイよ~

全て終了してクリニックを出たのは大体18時半頃でした。


にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村
採卵日(振り返り)
内容が前後してしまいますが、慌ただしい毎日で採卵の詳しい様子などを書けなかったので、記録として残します。
私も同じクリニックへ通う方のブログがとても参考になったので、どなたかの参考になれば幸いです。

【採卵日当日】

朝8時までにクリニックへ来るように指示があったので、余裕を持って少し前に到着。

普段は9時OPENですが、採卵する人が居る時は、その為だけに早く開けてくれるようです。感謝

受付で同意書と問診票、そして大事なを渡した後、トイレに行くように言われる。(この時「トイレは大丈夫です」と言ったのに無理矢理行かされました!)

すぐに奥に呼ばれ、排卵していないかどうかの確認で内診。

先生からお話で、「採れそうなのは8個くらいかな~」と言われる。

その後、術着に着替え、点滴の針を刺され採卵室へ。

朝早くからたくさんの看護師さん、培養士さんが私のために出勤してくれたんだな~と感謝の気持ちでいっぱいになり、麻酔で意識を失う前に「皆さん朝早くからありがとうございます」と一言お礼を述べました。

実は点滴に”麻酔がかかりやすくする薬?”を入れられた時から酔っぱらったような意識が遠のく感じがありました。

麻酔は先生が来てから入れられたようですが、こっくりと寝てしまったようであまり記憶にありません

意識を無くしていたはずでしたが、実は採卵中に何度か目が覚めました。

事前に看護師さんから「麻酔は最低限の量しか使わないので、途中で覚める人もいる」というような話しを聞いていたので、それほどびっくりすることもなく。

目をはっきり開けたわけではなかったと思いますが、私の右側に常に看護師さんが立っていたのが見えました。

ピー、ピー、という機械音も聞こえていたと思います。

着替える前に渡してあった生理用のショーツをはかせられた場面もしっかり覚えています

「終わりましたよ~」と起こされて、看護師さんに支えられながら自分で歩いてベッドまで戻って来ました。

その時点で「今何時ですか?」と聞いたら「8:50です」と言われました。

しばやく休んで下さいとのことだったので、遠慮なく爆睡しようと思ったのですが、私の後にも採卵の方が4人くらいいたようで、その方たちと看護師さんの会話、バタバタと歩く物音などであまりきちんと寝られず、寝ては起きの繰り返し。

11時くらいに一度看護師さんがお水を持って声をかけに来てくれました。

その時、点滴を引きずりながら看護師さん同伴でトイレにも行きました。

その後もう少しうとうとしながら休み、昼の12時をすぎた頃に再び看護師さんがお水と野菜ジュースを持って来てくれました。

「麻酔はもう大丈夫ですか?まだ残っているならもう少し休んで午後からにしますか?」と聞かれたけれど、少しくらくらしてても、ここで休むより家で寝たい。と思い、「大丈夫です」と答える。

着替えて卵巣が腫れていないかどうか内診してもらう。

その後、診察室で先生から「5個採れました」と詳細を聞く。

言われてた数より少なくて、えーと思ったけれど、少々ぼーっとしてたので特に質問もせず。

抗生物質と消炎鎮痛剤(1日3回×4日分)をもらい、「今日の昼から全部飲みきって下さい」と言われました。

その後お会計を済ませて帰宅。

この時点で12時半でした。

全てが初めての経験でしたが、手術自体は何度か経験しているし、思ったよりも本格的な感じに驚き、ちょっと他人事のようでした

余談としては、明るい場所であれだけの看護師さんの前でがっちりオマタ開きをしてた自分にちょっと笑ってしまいました

移植編につづく・・・


にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

卵のお迎え
採卵から2日後の昨日、大切な卵チャンの移植をしに行ってきました

診察室に入るとすぐ受精卵の写真がおいてあり、それに目が釘付けに

1つは素人目にもキレイに分割していると解る「グレード1」もう1つは”むむむ?”と心配になる感じで「グレード3」ということでした。

先生は、「今の時点で4分割になってて欲しいところ、1つは6分割。もうひとつはちょっと遅めなんだけど決して悪くはないです。」と言ってました。本当か~?

続けて先生は「ただこっち(グレード3の方)は凍結するのもな~という感じなので、今日2つ戻しましょう」と意外な言葉をおっしゃいました。

実は前の日、旦那とそのことについて話していたんです。

2つしか受精卵がないということで、胚盤胞でもない2日目の胚を1つだけ凍結するよりも、今回両方戻してしまった方が良いんじゃないか・・・と。

旦那は双子のリスクを考えて最初反対してました。

でも2個戻しても2個とも着床する確率はそんなに高くはないこと、2日目の胚に凍結料金なり移植料金をかけるより、1回に勝負をかけてみた方が良い気がする、と私なりの考えを話し、最終的には先生がOKといえばそうしよう。という結論に達しました。

まさかこちらが言う前に先生から提案されるとは

でもこれも1つがグレード3だったからのことだったと思います。

両方グレードが良かったら多分1つしか移植しなかったことでしょう・・・

結果的には今回の採卵で凍結卵は出来なかったけど、2個の移植が出来たことにはとても満足しています。

しかも先生がおっしゃるには、2つ戻すことによって相乗効果で着床ホルモンが多く出るんですって

さて、どんな結果が出るかな

昨日から忍び足での生活が始まっています


昨日の治療費:顕微授精追加料金 ¥52,500-


にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村
緊張の分割確認
つい先ほど、分割確認のため、指定された時間にクリニックへ電話をかけました。

受精確認の時はそうでもなかったのに、貴重な「2個」という現実を前に、かなりドキドキの電話となりました

培養士さんからは「受精した2個ともにうまく分割していますので、今日移植になります」と嬉しい言葉が

あー良かった。本当にほっとした。

まだこれで妊娠できるというわけではないけれど、確実に前に進んでる。それだけは実感します。

人工授精の段階では解らなかった「受精」と「分割」

とりあえずそこに問題がないことだけは解ったのだから。

私の場合、1度妊娠しているから、原因を探し当てるのもなかなか難しいのかもしれないけれど、1歩1歩問題をクリアしていけてることに感謝しながらもうしばらく頑張ってみようと思います。

移植は今日の夕方です。

それまで気合い入れて(尿ためて)待つことにします。


にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村
初めての採卵と受精確認
昨日、採卵のために朝早くクリニックへ行ってきました。

心配していた採卵前の排卵もなく、なんとか無事に採卵することができました

ただ・・・

2日前に10個以上あると言われていた卵胞でしたが、朝一のチェックで「採れそうなのは8個くらいかな」と言われました。

そして最終的な採卵数は更に減っていてなんと5個。

なぜそんなに減ったのかは聞けませんでしたが、0よりいいと自分に言い聞かせ、自宅に戻ってからはひたすら寝てました・・・

そして更に今日、指定された時間に受精確認の電話をすると、「5個のうち3個は未熟卵で、2個を顕微授精し、両方受精しています」と・・・

けけけ・・・顕微

どうやら旦那のが少なくて、急遽顕微に切り替えたようです。

うーん・・・ちょっとショック

当初、予定外に「10個以上」「胚盤胞」という言葉を聞き

これだけあれば最初で最後の採卵になる
諦めかけてた2人目も夢じゃないかも

と、かなり期待してしまった部分があったので、この結果には正直動揺を隠せません

結果的には自然周期で5個の採卵と、まさにクリニックの説明書通りの結果。

もちろんこの貴重な2個じゃ胚盤胞どころじゃないのでそれもキャンセルですが、卵巣の腫れがないので、分割が上手く進めば移植は明日になるそうです。

これだけは唯一嬉しい誤算、という所でしょうか。

あーどうかどうか上手く分割しておくれー

こんなことならスプレー使ってショート法でやった方が良かったのかな・・・?

それともこの数が私の持ってる力の全てなのかな・・・?

今更そんなこと言っても仕方ないので、とにかくまた1歩1歩前に進んで行こうと思います。

体外になったら毎日がドキドキです

体外受精費用:採卵~妊娠判定までを含む¥315,000-


にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村
採卵日決定
予定通り2回目の卵胞チェックへ行って来ました。

前回あまり大きくなかった卵胞でしたが、先生曰く「後半巻き返した」ようで、20ミリを超えるくらいにまでなっていました。

しかも数が右側だけで10個以上(小さいものも含めて)

左は変わらず3個という結果でした。

自然周期は2個~5個。しかもD3に「数できないかも」って言われてたのに・・・気がつけばこんなに育ってました

しかも先生とのお話の際「このくらい数があれば、胚盤胞まで育ててみても良いかな~。数は減っちゃうと思うけどね・・・どうしますか?」と聞かれ、「お任せします」と言ったら「じゃあやりましょう」という結果になりました

予想外

ただD3でのFSHが高かったことから、どのくらいが胚盤胞になってくれるのか不安はありますが、先生がやると言ってくれたんだ。これに懸けてみようと思います。

残念なことに、この数だと卵巣が腫れてしまうかもしれないとのことで、お腹に戻すのは持ち越しになってしまう可能性が高そうです

今月うまくいけば3月ベビーになる予定だったのにな~

でもここまできたら焦っても仕方ない。

最善の時期に最善の方法でやるのが一番だもの。

一歩一歩進んで行こう・・・

shoes01.gif


血液検査の結果、採卵は来週月曜日に決まりました。

忙しい先生に代わって看護師さんが今後のスケジュール等の説明をしてくれたのですが、なんだかその優しさに涙が出そうになりました。

「心配なこと、解らないことありますか?」

と聞かれたので、「スプレーなしの自然周期なので、採卵前に排卵してしまわないか心配なんです」と言うと、カルテで過去の検査結果見ながら、「この時はLHがこの数値でも人工授精当日にまだ排卵していなかったんです。今回のLHはそれよりもまだ低いので、ちょうど良いタイミングだと思いますよ。」と説明してくれ、なんだかとても安心することができました。

ただ100%とは言いきれないので不安は不安ですが、その時はその時。また悩むことにします。

今日の夜22時と23時にブセレキュアを点鼻するよう指示がありました。

近所の産婦人科に注射打ちにいくことになるかな~と思っていたので自宅で出来るのは助かります。

月曜日までドキドキですが、心静かに過ごしたいと思います。


本日の治療費:卵胞チェック、血液検査、点鼻スプレー\17,430-


にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村
今一番の心配事
本日D10、最後の誘発注射を打ちに行って来ました。

次にクリニックへ行くのは土曜日で、おそらくそこで採卵日が決まることになると思います。

9個見えていた卵胞がどの程度生き残り、どの程度成長しているのか・・・

考えるとドキドキします

でも1つ心配なことが・・・

先生が次の診察を土曜日と決めたのは、採卵が早くても月曜日になるからだと思うんです。

2日前に排卵させる注射なりスプレーなりしなくちゃいけないですからね。

でも月曜日はD14・・・いつもの私なら排卵してる可能性があります

どうしてもそれだけは避けたい問題です。。。

もし最悪のケースになった場合は

生理日の調整が出来るなら、なんで先生は日曜日をはさむような日程でカウフマンの薬出したの~

と言ってしまうかもしれません。(もちろん心の中で、ですが)

そしてかなりの期間立ち直れないような気もします

でもそこはプロの先生を信じ、素人の私は黙って付いて行くことしか今は出来ません。

どうかどうか来週明けまで排卵しませんように・・・

気のせいか卵巣がチクチクしてきたよ~


本日の治療費:誘発注射 \6,720-


にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村
卵胞いっぱい育ってた!
昨日、ここ数日のどんよりした気持ちをブログに吐き出したおかげか、なんとなく気分が前向きになれたような気がします。

頭の中が暗いとどうしてもブログに綴ることも暗くなるので、それならいっそ更新しない方がマシ。と思っていましたが、私の場合、ブログに書くことによって心を整理出来るみたいです。

この空間に感謝。

lambie04.gif


本日D9、誘発の経過を見る為に内診がありました。

先生からも「あまり数できないかも」と言われていたし、気持ちも前向きになれてなかったし、卵巣も片方だけしか機能してないし・・・

FSHはストレスなどで高くなるという情報もあったし、実体験として心配事が有るときなどは卵胞の育ちが遅かったこともあった。

だから良くて3~4個あってくれたらいいな。って思っていたのですが、なんとびっくり計9個の卵胞が確認できました。

しかも卵巣膿腫の手術をして、機能していないと思っていた左の卵巣にも3つの卵胞・・・

びっくりして先生に尋ねると、「え?でも4月の時も左からの排卵でしたよ。手術しててもちゃんと機能してるってことで良いことだよね。」と・・・

去年妊娠する前までは、毎回右からの排卵ばかりだったので、もしかしたら左は機能していないのかもね。と言われていました。

女医さんが内診の時は右か左かって言ってくれることが多いけど、院長先生の時は全く声に出してくれないので左から排卵してたなんて全然知りませんでした

でも私にとっては嬉しいサプライズです。

ただ、数は私が思った以上にあったけど、サイズが11ミリ前後と先生の思ったような大きさになっていなかったらしく、今日も誘発注射を追加で打って、血液検査は次回に持ち越しとなりました。

9個の卵胞がこのまま脱落することなく大きくなるかどうか。中身は空砲ではないか。など、心配ごとはいっぱいですが、今一番怖いのは、「採卵前の排卵」です。スプレーなしの自然周期なので・・・

この数じゃ人工授精に切り替えってこともできないだろうし・・・

どうかどうか今までの苦労とお金が水の泡になりませんように


本日の治療費:卵胞チェック、誘発注射 ¥8,820-



にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村
葛藤中・・・
D3の血液検査の結果でホルモン値が高いと言われてから、やっぱりどうしても気持ちを上げられずにいます。

でも連日注射をしにクリニックへは通っています。正直、惰性という感じです・・・。

私はまだまだ知識もないので、数値がちょっと高いと言われたくらい気にすることもないのかもしれない。

だって先生のGOサインが出ているんだもん。

でも毎日毎日気になってイライラして旦那にもちょっとしたことで当たってしまう始末

そんな自分が今はとても嫌に思えます。

注射は毎日左右交互にしているけれど、横を向いて寝るのが好きな私は、どちらを向いても肩が痛くて、そんなちっぽけなことなのにとても悲しく思えたりして・・・

特に2回目の看護師さんがへたっPで随分長く痛みが取れなかったから余計

これが問題のないホルモン値であったら『なんのこれしき』って思えるのだろうけど、今はどういうわけかそういう気持ちになれません

もしかしたら注射や薬でホルモンのバランスが乱れてしまっているのかも・・・

考えれば考えるほど負のスパイラルに巻き込まれていきそうです

こんな気持ちのままこのまま進んでもいい結果は出ないんじゃないか?って思いもあって、くじけそうな気持ちと葛藤中です。

だけど惰性でもなんでも前に進んではいるのだから、なんとかここで踏ん張らなきゃいけないって思います。

年齢だって治療歴だって私よりずっと先輩の方たちも一生懸命がんばってるんだもん。

泣いたり暗い顔したりしてても幸せなんてやってこない。

無理にでも笑顔で過ごすことを意識しています。

原因探しをするつもりでステップアップしたけれど、正直スタートダッシュでつまずくなんて思いもよらなかったから予想外にへこんでしまったけど、今は目の前のこと1つ1つをこなして行くことだけ考えよう。

結果はどうであれ、きっとこれが私たちの運命だと受け入れなければ。


治療費:6/11,12,14(3日間)排卵誘発注射のみ。それぞれ¥6,720-


にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村
ついに始まったけど・・・
カウフマン療法の薬を飲み終えてから5日目にリセット。

本日D3、久々にクリニックへ行って来ました。

今まで早くやりたいとワクワクした気持ちしかなかったはずなのに、今朝出かける直前になってから急に緊張して心臓がドキドキしてしまいました。

自分でもびっくりです。

クリニックではまず血液検査をし、内診、誘発注射という流れで進みました。

全て自費だったので今日1日だけで人工授精をしていた時の1周期分の金額が飛びました。正直痛いです

しかも「原因探し」のつもりで期待せずに挑もうと思っていたのですが、初日からある程度の原因が見えてきてしまいました

なんと今日の血液検査の結果、FSHが16という高い数字になっていました・・・

かなりショックです。

FSHは卵巣の老化の目安にもなるものらしく、理想としては10以下が良いと言われています。

約1年半前、初診の時に検査した時は7.09と悪くない数字だったので、こんな数字を見ることになるとは思ってもみませんでした。

先生は「手術をした人に多いんです」と言ってました。

それにしても1年半くらいでこんなに変わるものなの?それとも今までの治療で負担をかけてしまったんだろうか?

とにかくとにかくショックです。

でも先生からは「ちょっと高いけど、中止にするほどの数字じゃないのでやります。でもあまり数は取れないかもしれません」と言われ、不安なまま初めての採卵に向けての周期がスタートしました。

着床直前の状態である胚盤胞に育つものはFSH11以下のものであるというデータを見たことがあります。

私の場合、胚盤胞にまで育てる予定はもともとないけれど、このことからも『質』の壁が既に立ちはだかっていることが解ります。

数のことはそれほど期待もしてなかったけど、質が良くないものだと話にもならない・・・

帰り道、旦那のことを考えて涙が出て来ました。

体外へ進めばいつかきっと子供を持てる日が近いって思っていたけれど、今日の結果を聞いて初めて「子供の居ない人生になる可能性もあるかも」って考えました。

今まで出来なかった理由はきっと私だよ・・・本当に本当にごめんね


本日の費用:血液検査、内診、誘発注射、セロフェン1日3錠×5日分(全て自費)¥27,930-


にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村
解る人には解る・・・よね。
つい先日、またまた同じクリニックに通っている方のブログを発見してしまいました

ブログ村を通じては2人目。他の検索で含めた1人を入れるとトータル3人目です。

治療が進んで行くと、やることも払う金額もクリニックによって違ってくるので、やっぱり同じクリニックに通っている方の書かれることは参考にもなるし、興味があります。

この方も存在自体は知っていたけれど、まさか同じクリニックだとは気がつきませんでした。

なぜ気がついたかというと・・・

今回読ませていただいた記事の中に先生との会話が書かれていたのですが、その口調で”もしや?”と気づき、過去をさかのぼってみたらクリニックの名前も書かれていたので間違いないと確認できました。

ってゆーか似たようなこと私も言われたことあったし


やっぱ解る人には解るもんだね~


私は、不妊治療していることもこのブログのことも一切知り合いには公表していないので、個人の特定をされたくない理由から住んでいる場所も通ってるクリニックの名前も一切書いてません。

でも時々、身内が読んだら一発で私だってバレるかも?と思うスレスレの記事を書くこともあります。

ただ身内のものはこういったブログを読む状況にないのでそれはないと思えるのですが(解んないけど万が一友人・知人が同じ状況にあり、偶然にもこのブログを見た場合、文章の書き方や日々の出来事、状況などから、もしかして私だと気づいちゃうこともあるのかな~とふと思ってしまいました。

と言っても今初めて思ったことではないんですけどね・・・
前からちょっとは思ってたんです。

でも今回のことでなんだかちょっとドキドキしてしまいました

まぁ別に人気ブログってわけじゃないから見てくれてる人もさほど多くないんですけど


正直このブログを始めた時は、ベビ待ち(メイン)ブログにするつもりなんてなかったのだけど、気がついたらこうなってたというか・・・

本当はもっと違う角度で人には言えないことを綴る予定だったんだけどな


私にもいつかこんな日が来て、このブログの路線変更出来る時が来るのかな。
mono101.gif


にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村
カウフマン療法まとめ
昨日の夜、ついにカウフマン療法の薬、最後の1粒を飲み終えました

長い長いと思っていたけど「夜明けのこない夜はない」「止まない雨はない」まさにそんな心境です。

              bottle_flower02.gif


この36日間のことを気がついた範囲で書き留めておこうと思います。

まず、とにかく毎日おりものがとても多かったです。

カウフマン治療中じゃなかったら妊娠したかと勘違いしてしまいそうなくらい・・・

そして後半のプラノバールを飲んで10日くらい経った頃だったかな?

全く意識していなかったのだけど、乳首痛がまたまたすごかったです。

私の体はどうも高温期のホルモン補充にしっかりと反応するみたい

でもこれで乳首痛が薬の副作用だってことが100%証明されたから、次へ進んでからも変な期待をしなくても済むような気がしています。

薬を処方された時、先生からは「もしかしたら出血する可能性もあるけど、生理みたいな出血じゃない限り大丈夫だから心配しなくていい」と言われていたのですが、出血することも一切無し。

これといって不快な副作用もなかったと思います。


あ、それと、これは多分薬と全然関係ないと思うけど、3日程前から足を中心に謎の湿疹が出て来てしまいました

かゆいな~と思って所々掻いていたのですが、お風呂上がりによく見ると下着のラインから下、膝の裏など、赤くじんましんみたいになっていた

クリニックに行かない(=内診がない)からクリームなどつけずお手入れをサボっていたせいでしょうか・・・

それとも日頃のストレスか

多分皮膚科に行って抗性物質の飲み薬でも飲めば一発なんでしょうが、今は大事な時。

余計な薬飲むわけにはいかないので塗り薬で頑張ります



昨日から基礎体温も再開しました。

あとは4~5日後にリセットするらしいので、それを静かに待つのみです。



にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村
プロフィール

いちご

Author:いちご
アラフォー主婦

不妊治療で子供を2人授かりました。
それまでの記録と子育て。
怒りっぽく、ケンカになるとモラハラ発言連発の旦那へのグチ(毒)を吐いています。
(現在は都合によりコメント欄閉鎖中です)


ここには頑張る人がたくさんいます!
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 不妊から出産、育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村

カテゴリ
過去記事

アクセスカウンター

今日のことば

お気に入り
リンク