スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バイバイ2010
ルトラールを勝手に止めて5日後の23日にリセットし、今現在もう終わりに近い状態です。

やっぱり1日3回も飲んでると、止めてからリセットまで結構かかるもんだな~

今周期はどうせクリニックも休みに入るし、私自身の都合も悪いのでお休みです。

精神的にもまだ切り替えられないからちょうど良かったのかも。



年末恒例の「今年を振り返る」的な番組を見ているともうすぐ今年も終わるんだなーって感じます。

今年の始めにオリンピックに出場してた人が、年末にはもう母親になっちゃってるんだもんね。

そう考えると1年って結構長いのに自分は一体何してたんだろう?って思っちゃった。

まるで逆走する歩く歩道を必死に歩き続けた1年だったな。。。



心が折れてる時って普段は気にも留めないような誰かの一言でさえも凶器になって悲しくなったり泣きたくなったり・・・

ものすごくのどが渇いている時にお水を一口で止められないのと同じように、1回泣き出すとどんなに小さいことでも悲しくて涙が止まらない。そんな感じの毎日でした。

あの時は目に映る景色もどんより見えて、色んなことに投げやりになって、後ろから来る怪しい人にもどうにでもしてくれって思ったり、このまま地球が滅亡しちゃえばいいのにとかそんなことも考えました・・・

つい先日、旦那の関係者が自ら命を絶ちました。

そのことで昔、私の身近にも同じことがあったことを思い出し、もっと強く生きなきゃ。って思い直しました。

私は決してそんなことをしようと思ったわけでもないし、する勇気もない人間だけど、思い詰める気持ちは解らなくもない。

だけどあの時、残された家族の嘆き悲しむ姿を見て、絶対に私は大事な人に同じ思いをさせちゃいけないって強く思ったんだった。

親よりも先に逝くってことがどれだけ残酷なことか・・・

事故や病気でも辛いのに自分から・・・なんてね。

あの時初めてこの目でドラマじゃない現実を見て思い知りました。

何があったのかは知らないけれど、生きていればそのうち良いこともあっただろうに。って思った時、私の苦しみはとてもちっぽけで、まだまだ諦めてないんだって気がつきました。



振り返ったら何も良いことがなかった2010年。

前に進んだように見えて、実は何も進んでなかった2010年。

それでもまだ頑張る気力と希望はほんの少しだけ残ってる。

最後に心はボキっと折れちゃったけど・・・

来年こそはきっといいことあるよね。

バイバイ!2010!


にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログ 顕微授精へ
にほんブログ村

※連日の暗ーい記事に驚くほどのポチや拍手ありがとうございました。
ゆっくり少しずつではありますが、なんとか息を吹き返しております。
このブログを訪れてくれる方の多くはおそらく私と同じように治療中の方で、もしかしたら私なんかよりもっとツライ思いしてる方もいるであろうに、見ず知らずの私に頑張れとエールを送ってくださったこと、心から感謝しています。
自分も苦しいのに他人のことを思いやれるのってなかなか出来ることじゃないと思うんですよ。
そういう人はきっと優しくて強くて良いお母ちゃんになれる人だと思います。
私もそういう人になりたいです。
スポンサーサイト
覚悟してたはずなのに
少し前に半強制的に組まれた仲間との集まり。

3月にこの街を去り、地元に戻った友人も来ると聞いて心がざわざわ落ち着きませんでした。

こちらの記事参照

彼女には堂々と子作り宣言されていたので、心の準備はありました。

会うのは判定日の直後だから、私が陰性で彼女が妊娠・・・

最悪のパターンでも大丈夫なようにそんなシュミレーションも頭にありました。

上着を着たシルエットでお腹は目立たなかったけれど、真っ先にマタニティーマークが目に入り、言葉を交わすより先に一瞬で体がぽっと熱くなった・・・

「サプライズにしようと思って会うまで報告しなかったのに~!」と彼女。

判定結果の痛みもまだ完全に消えきってなかった時に刺激が強すぎる・・・

一応覚悟をしていたつもりだったけど、久々に会った友人のお腹はすでに驚くほどの大きさで、もうすぐ臨月に入るのだと聞かされ余計に落ちた。

予定日を聞いて思わず指が動く。

妊娠月は4月。。。

こんなにも簡単に出来る人の所には出来るもんなんだ。

久々の仲間との会話はほとんど彼女が主役の妊婦ネタ・・・

つわりから立ち会い出産、ママバッグに名付けのこと・・・

違う話題に変わっても、再度そのネタに持って行かれる。その繰り返し。


結婚して10年ほど経つあるカップルも現在妊娠中だと誰かが言って、私はすぐに”治療してたのかな?”ってピンと来たけど、彼女は「子供は作らないんだと思ってた~」と一言放った。

いとも簡単に妊娠できた人にとってやっぱり子供は「作るもの」

欲しくても出来ない人がいる。なんてこと思いもしないのかもしれない。



時間が経つのも遅い、食欲もない、吐き気もする・・・

あんなにも苦しくて早く帰りたいと思った集まりは初めてだった。

平然を装うのに一生懸命でドッと疲れが出た。



家に帰って旦那に彼女の妊娠の話をしたら、「えーよかったねー」と私とは全く違ったテンションで、その後もいつもと同じようにおちゃらけて接してくる配慮のなさに更に悲しくなった。

私が今欲しいのはそんなんじゃない。

お風呂の中で一人になって、こらえてた気持ちがドバッと一気に吹き出した。

彼女の言葉、自慢げに誇らしげにお腹を見せる姿を思い出してしばらく泣いた。



『自分の周りに起こる出来事には全て意味がある』というならば、この不妊治療を通じて私に何を解らせたいのだろう?

すぐに授かれる人と私の違いは一体何?

心が折れるってこういうことを言うのかな。

なんだかまた笑えなくなった。


にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログ 顕微授精へ
にほんブログ村
聞き違い判明(判定日)
2度目のフライング結果も見事なほどの真っ白で、既に勝手に薬も止めた状態で判定日を迎えました。

私の中ではもう消化しつつある出来事だったけれど、机を挟んだ先生がとても残念そうな不思議そうな申し訳なさそうなそんな表情に見えました。

先生からは凍結分が残っているので「もう1回頑張りましょう」と振り絞るような声で言葉をかけられました。

クリニックに行くまでは、私としては残りの3つの受精卵をいっぺんに移植するよりも、融解後に夢の「胚盤胞」になるかどうかを見極めたい気持ちもあったのだけど、どうやら同じやり方で進めていくような感じでした。

判定日にそれ以上の質問、提案をするのも気が引けたので何も言えませんでした・・・

信頼して任せて付いて来た先生だもん。最後の挑戦も信じるしかないのかな~・・・



それとこの日は私の勘違い1つ発見。

移植日に11分割と10後半分割だったと思っていた(そう聞こえた)受精卵。

ネットで「分割が早すぎるのも卵に異常がある可能性がある」という情報を目にして不安になっていました。

で、一応そのことだけは確認したいと思い先生に質問した所、

「早すぎるってことはないよ。だって3日目で8分割と10分割だから。」

と言われました。

どうやら私の単なる聞き違いだったようです。

余計な心配してソンしたわ。。。



2回目となる今回の採卵は、7個も分割が進んだのだからきっと1つくらいは上手くいく!って思ってたけど、今回の結果を突きつけられると3回目の採卵が本当に現実味を帯びて来た気がします。

体外にステップアップして、毎月泣くことはなくなったかわりに、1度の陰性がとてもとても重く、苦しいとか悲しいとか虚しいとか、そんな言葉や文字では表現出来ないほどの感情が一気に押し寄せて来て、立ち直るのにも時間がかかるようになったかも。。。

でももう1回頑張ってみることにします。

いや、頑張らなきゃね。

大丈夫、まだ笑える。


にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログ 顕微授精へ
にほんブログ村

※前回に引き続き、フライングの記事は本日同時に公開させてもらいました。
気に掛けて見に来て下さってた方、更新がないのにも関わらずポチで応援してくれた方、本当にありがとうございました。心から感謝しています。
まだまだ先は長そうですが、引き続き見守っていただけたら嬉しいです。
眠れない夜
いつもなら1日寝れば気持ちも整理出来るのだけど・・・

昨日の夜は寝ては覚め、寝ては覚めの繰り返しで、本当に流産宣告されたあの日を思い出すくらいの夜でした。

おかげで今朝の体温は急上昇・・・

旦那にはまだ知らせてなかったのだけど、今朝、ベッドからなかなか出られずにゴロゴロしていた時、突然まだ寝ていると思っていた旦那が「子供ダメだったの?」と聞いてきました。

びっくりして「どうして?」と聞くと、「なんかすごく悲しそうな顔してたから。」って・・・

旦那には少しでも衝撃を軽くしたいと思っているので、それとなく心の準備が出来るように「まだ解ってないけど、少しお腹痛いんだ。」と言ってみました。

「じゃぁダメかな」と旦那・・・



その後「今回どうだと思う?」と聞いてみたら「今までダメだったから上手くいったらびっくりする」と返事が返って来ました。

使う言葉は違ったけれど、旦那も”期待してダメだった時に辛いから期待しない”という意味合いのことを言ってました。

同じ気持ちでいるんだなーと思うと自然と涙が出てきちゃった・・・



こんなに静かでダラダラした朝を過ごせるのも、旦那とふたりだけの生活だからこそ。

これも悪くはないのかなーとちょっぴり諦めモードに入ってしまった。



旦那の希望で明日、再度妊検を試すことに決めました。

旦那に報告するのもこんなに辛いのに、両親に治療のことカミングアウトなんてしてたらどれだけ辛いんだろう。


にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログ 顕微授精へ
にほんブログ村
先が見えない・・・
本日ET9。

ちょっと早めだけど、平日に一人で落ちたいタイプなので思い切ってチャイナ妊検を使いました。

今回のホルモン補充周期は移植後の注射が一切なかったので、やろうと思えば毎日だって可能でした。

もし万が一今日ダメでも完全にダメってことじゃない。って言い聞かせて挑んだつもりでしたが、いざ真っ白けの結果を突きつけられるとやっぱりドスンと落ちちゃいました。

私の場合、移植日には既に2桁の分割数だったし、ET9でうっすらさえも見えないなら可能性はほぼゼロに近いと思うから・・・(※後日訂正。8分割と10分割)

でも似たような結果で奇跡が起きた人を探してみたり、何も出来ないまま1日検索で無駄にしました。

体外での陰性って、タイミングや人工授精での撃沈とは比べ物にならないくらい凹みます。

だって後がないから。

先の光も希望も見えなくなってきた。

あと1回分凍結が残ってるけど、それにすらも期待が出来なくなってきた。

今回は色々あって期待してないつもりだったから、ここまで落ちるとは思ってなかったな・・・

過去最高の落ち具合かも。

この心のざわざわ感、流産宣告された時と似てる。

今は何もしたくない。何も考えたくない。

旦那の落ち込む顔見るのももうイヤだ。


にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログ 顕微授精へ
にほんブログ村

お世話になってます
本日ET7。

移植からちょうど1週間が経ちました。

移植日にはもう結構な分割数だったことを考えると、ETの数え方もこれでいいのか?という気もしていますが、多分もう私の中では結果が出ているんだろうな、と思っています。

『気にならない』と言ったらウソにはなりますが、今周期、本当にいい意味で脱力感があり、移植したという実感があまりないまま普段と同じように(というかむしろハードに?)生活しています。

移植の後も出来れば乗りたくなかった自転車も乗っちゃったし、ゆっくりのんびり生活とはほど遠いバタバタの毎日だし、腰痛予防のための腰まわしやストレッチも続けているし・・・

まぁ前回の奇跡の妊娠発覚前も自転車なんかはガンガン乗ってたし、それほど気にすることでもないのかな?・・・というかむしろ体を動かしていた方が血流が良くなって良いんじゃないか?なんてことも思ったりしています。

あの時も思ったけど、このくらいでダメになる卵ならば、所詮そこまでの卵なのだから。と・・・・。

ホルモン補充周期の基礎体温はそれほど気にする必要はないという情報も見たけれど、やっぱり毎朝ドキドキします。

ルトラールを1日3回も飲んでる以上、ガックリ下がることはありえないと解ってはいても、2段上がりしないだろうか?とか急激に下がったりしないだろうか?などと気にはなるものです

実際のグラフは前回書いたET2に少し早めの2段上がり?(36.80台)のような上昇の後、4日間ほぼ同じ数字でET6から36.70台にやや下降しました。

本来ならば2段上がりして欲しい時期に”やや”ではあるけど下がった体温・・・

これがどんな結果をもたらすか、もし次回があれば参考になったりするのかな~。

ルトラールの副作用で胸のはりや乳首痛なんかも出て来たけれど、もうこれに振り回されることは一切ないです。

おりものも気になる所だけど、いっぱいあってもダメな時はダメだったし。ということでこちらも全くあてにはなりません。

結局は尿検査をするまで◯か×かはお楽しみ。ってことで。

今はじっと待つしかないのだ。

mono48.gif

さて・・・

タイトルにした「お世話になってる」ものですが、ここ数日めっきり寒くなって来たので、家の中で100円ショップで購入した足ツボふみふみ?が大活躍してくれています。

こんなやつ。
asifumi.jpg

ちょっと体が冷えてるなーとか足が冷たいなーと感じると、テレビを見ながらふみふみ開始。

”運動してる”ってほどの動きでもないのに、しばらくすると体がぽかぽか温かくなってきます。

足の裏って色んな所に通じてるツボがいっぱいあるし、足が温かくなるだけで体感温度も結構違って来ます。

一応移植後なので、生殖器のツボであるかかとの方はなるべく避けてふみふみしてますが、痛気持ちいいのでまんべんなくやっちゃってるかも

過去2回の移植後は、出来れば横になっていた方が良いって思い込んでた部分もあったから、続けてたストレッチなどもぱたっと止めてしまっていました。

でもそこまでしても結果が出なかったのだから、今回は逆の発想であえてやってやろうという、ある意味チャレンジャー的な気持ちでしばらくお世話になる予定です。


にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログ 顕微授精へ
にほんブログ村
移植完了。
D20のおととい、無事に移植をして来ました。

エストラーナはピークの8枚から移植の前日に4枚になり、しばらくはこの枚数で貼り替え。

ルトラールは移植の3日前から1日3回飲んでいます。

写真で見せてもらった2つの受精卵は、融解後に結構分割が進んだらしく、覚えきれなかったけれど確か1つは11?分割で、凍結前はG3だったものがG2に評価が上がったとのこと。

もう1つは10後半分割まで進んでいて、もうすでに”なんだか”になりかけてる・・・とのこと。(先生なんて言ったの)(※後日訂正。8分割と10分割)

聞いてなかったけどアシストハッチングもしてくれたようで「状態は良い」とお墨付きを頂きました

判定日まで通院はないので、しばらくはまた移植の実感がないまま過ぎて行くのかな~

気を抜きすぎてエストラーナの貼り替えとルトラールを忘れないようにしなきゃ。

ちなみにルトラールスタート後、昨日まで36.60台だった体温が今朝から36.84とググッと上昇しました。

2段上がりにはまだ早いし・・・

ルトラールの効果が今頃になって出て来たのかな~

child_hand01.gif

クリニックへ行く前に、前回同様整体にも行ってきました。

こんな直前に1回行ったくらいで何かが変わるというわけではないのかもしれないけど、行くことで気持ちが落ちつくので完全に自己満足。

整体の先生には「骨盤の歪みはほとんどない。すごく良くなってるよ」と言われました。

ここのところ地道にストレッチや腰まわしなどを我流で続けてきた効果があったんだ

「結局治すのは患者さん自身。僕たちはそのお手伝いをするだけですから。」だって。

お金かけなくてもある程度は自分で出来ることもあるんだよね。



さーて、しばらくはゆっくり過ごすことにします。


にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログ 顕微授精へ
にほんブログ村

※都合によりしばらくの間コメント欄閉じることにしました。
いつも応援して下さりありがとうございます。
そっと見守っていただけたら嬉しいです。
年賀状の疑問
あまり気が乗らないけど来年の年賀状のデザインを考えました。

私は「子供が出来ていきなり写真付きの年賀状になる」ことがなんとなくイヤで、毎年なかなか顔を見せられない皆に夫婦2人の写真を使ったものを送っていました。

そのうち”新しい家族が増えるはず”って思ってきたからね・・・

周りの友達にも「子供だけの写真の年賀状禁止令」を出して「写真にするなら家族全員」の普及活動をしてきたけど、それもなんだか疲れちゃった。

今年はこれといって年賀状に出来るようなお出かけもなかったし、久々に写真なしの年賀状にしようかなーと思ってます。



思い起こしたら私に写真付きの年賀状が届くようになったのはいつからだろう?

社会人になって上司から届いたのが始まりくらい・・・?

昔はパソコンの普及も少なかったから、プリントごっこなんかが主流で・・・

子供が産まれた人はわざわざ写真屋さんに頼んで、ハガキに写真を貼付けたような少し分厚いツルツルした年賀状だったよな~

更に遡ったら、私が子供の頃は両親の年賀状に子供(私)の名前すら載せてなかった気がするんだけど。

これもいつから皆載せるようになったのかな?

喪中のハガキだと子供の名前なんて載せないのにね



退職してからずっと会ってもないのに未だに年賀状のやりとりが止められない前の職場のある上司から来る年賀状は、毎年子供がデーンと載った、それこそ昔式の少し分厚いツルツルタイプ。

最初の子が産まれた時から知ってる上司なんだけど、この子供達もそろそろ中学生くらいになってて・・・

年々成長したな~って思う反面、イヤイヤ撮られてるって表情がモロに見えてきてるんだよな(だって男2人

ここまで大きくなってると見てても辛いとかちっとも思わず、むしろ楽しみの1つでもあるんだけど・・・

一体皆いつまで子供の写真使うんだろうね~

そう考えたら最初から載せないっていうのもアリなのかな~とふと思ったりして。


にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログ 顕微授精へ
にほんブログ村
捉え方次第。
昨日の夜からエストラーナが4枚に増えました。

今後は張り替えの度に6枚→8枚と増えて行きます。(どこに貼ろ

かぶれのことを考えると同じ場所には貼れないし、今までお腹だけでローテーションしてきたけど、そろそろお尻側にも手を出すか・・・

後ろは自分じゃ上手く貼れなさそうだから旦那に初めて協力してもらわなきゃ~。

今後もどんどん増え続けて行くのかなー?と思って看護師さんに聞いたら「移植の後は4枚になります」だって。

それでも多い~

注射よりは楽だから仕方が無いか。

mono93.gif

今着々と進んでいる初めてのホルモン補充での凍結胚移植。

やっぱり採卵なしで移植出来るっていうのは色んな意味で楽チンです。

だからこそちょっぴり気が抜けて、なんとなくお休みモードから抜けきれていない感もあるけれど、なんだかこれでいいような気がして来ました。



今までは「良い卵をつくるため!」と、ルイボスティ飲んでみたり踏み台運動してみたり・・・

私は縁がなくて鍼灸院には通っていないので自己流でお灸もやってみたけど結局続かなかったり・・・

何年も一生懸命やってきたつもりでも未だ希望が叶ってないってことは、はっきり言ってそれは自分に合ってない、効果がないってことなのかもしれないし。

だったら別にそれにしがみつく必要はないのかなーって。

お灸できないならこないだ買ったあずきのチカラを使うからいいやーっていうね・・・

そういう良い意味での「適当さ」っていうのをここ数ヶ月で学んだ気がするんですよ。

やらなきゃ妊娠出来ないってわけでもないだろうし。



ネガティブな感情は更なるネガティブを呼ぶ。的な言葉もよく聞くけれど、結局「捉え方次第」なのかな~って。

例えば凍結されてる私たちの受精卵。

「あと2回分ある」と思うか「あと2回分しかない」と思うかってことでしょ。

今の気持ちがどっちに近い?って聞かれても正直答えに困るけど、「あと2回分ある」って思った方がそりゃ~気持ちは楽だものね。

「捉え方次第」でもあるし、自分を楽に出来るかどうかは結局「自分次第」なんだよね。

相談した相手が自分の子供を産んでくれるわけでもなければ超能力で授けてくれるわけでもない。

考えて不安になるんだったら考えなきゃいい。

最後は自分しかないんだから。



最近、昔よく聴いてた曲をいろいろ聴く機会があって、一緒に口ずさんでいたらなんだかこんな気持ちになりました。

テンションの違う人の言葉が心に響かないのと同じように、当時の私にはそれほど響かなかった歌詞も、今の私にはガンガンに響いてきた~



もう頑張るのやめよ~

決して投げやりな意味ではなく。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログ 顕微授精へ
にほんブログ村
「やめよっか~・・・」って言われたケド。
今日からもう12月です。早ーい



D12の昨日、クリニックへ行って来ました。

内膜を見るのに内診はあると思っていましたが、血液検査もあるのかなー?と、未知の周期はドキドキも多いです。

結果、卵巣などを見ることはなく、内診で内膜の厚さを測っただけであっけなく終了。

モニターに出た数字は10.6。

ちなみにこの日は初めましての男の先生(声だけ)

エストラーナは排卵をさせないもんだと聞いてはいたけど、気のせいか卵巣あたりがズキズキ痛い感じがあったし、D12だと私はちょうど排卵するくらいのタイミングなので、もしかしたら?とちょっぴり気になっていたんです。

でも全く見る気配もなかった。

大丈夫だったのかな~



その後すぐに診察室に呼ばれ、今度は院長とのお話。

内膜の厚さも順調だということで早々に移植日が決まりました。

移植日はD2に言われていた予定日の中で一番早い日程。

E2高めでもちゃんと効いてくれたみたいです


でもこの日の私は先生に言わなきゃいけないことがあった。。。

本来の判定日にクリニックに来れないってことを・・・



判定日は1日だけだったので早めてもらうのはOK。

問題はその後だった。

「でも妊娠した場合、袋の確認とか子宮外妊娠じゃないかどうかの確認とかあるしね~・・・

やめとこっか~・・・?」


出た!中止発言!!!

↑こんな顔をした私に「やる?」と問いかけ、私が「そのつもりでいたんですけど・・・」と答えると、「病院には行ける?」などいくつか質問されましたが、ちょっと動揺していたので覚えていません

でも最終的には「普通の産婦人科ではなく、不妊治療をやってる病院に行く」ことを前提にOKが出ました。


正直ちょっと怒られる(というかキツイ口調で言われる)かなーなんて思ってたんです。(別に悪いことしてるわけじゃないけど

でも

「やめましょう」でも

「やめた方がいい」でもなく

それはそれはとても優しく、ささやくような「やめよっか~・・・?」だったんです。

ちゃんと自分で経過を見たいという強い思いもありながら、こちらの希望を優先してOKを出してくれたこと、本当に本当に感謝しなくっちゃ。

袋の確認はよその病院になるかもしれないけど、必ずここに戻って来て卒業します

と、改めて強く思ったな~

まぁどれもこれも「妊娠してたら」の話なんだけど



その後は追加のエストラーナとルトラールをもらって終了でした。

よその不妊治療クリニック探した時間がどうかどうか無駄になりませんように。

先生どうもありがとう


にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログ 顕微授精へ
にほんブログ村

プロフィール

いちご

Author:いちご
アラフォー主婦

不妊治療で子供を2人授かりました。
それまでの記録と子育て。
怒りっぽく、ケンカになるとモラハラ発言連発の旦那へのグチ(毒)を吐いています。
(現在は都合によりコメント欄閉鎖中です)


ここには頑張る人がたくさんいます!
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 不妊から出産、育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村

カテゴリ
過去記事

アクセスカウンター

今日のことば

お気に入り
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。