スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
出産を終えて
【振返り記事】

出産翌日からは、決められた時間に呼ばれ、さほど出ないおっぱいを短時間飲ませるだけの対面。

保育器の中で毎日少しずつ変わって行く我が子の顔を見て「この顔を忘れないようにしなきゃ」って思ったくらいあっという間の時間だった。

そして無事に同室許可がおりたのは出産から3日後のことでした。

小さなプラスチックのベッドに寝せられていたけど、オムツ交換やおっぱいミルクの度にベッドから起き上がるのもしんどかったので常に自分のベッドに一緒に寝かせていました。

一緒に過ごした初めての夜・・・

すやすやと眠るかわいい顔を見ていると、まだどこかこの目の前の赤ちゃんが自分の子供だなんて信じられないようなとても不思議な気持ちになってくる。

小さな耳、鼻、口、指、爪、まつげに産毛一本一本も穴があきそうな位ずっと眺めた。

眠かったけど一瞬でも目を離すのがもったいないって思った。

これからどんな女の子に育つのかな?どんな人と結婚するのかな?私もこの子の出産のお世話するのかな?将来私みたいに治療なんてせずに子供が出来るといいな。

とにかく色んなこと、遠い未来のことも考えました。

何があってもこの子を守らなきゃ。

愛おしい存在に、ほっぺにすりすりしたりチュッとしたりするのってこんなにも自然にしてしまうものなんだな。

出産の時は「最初で最後」と言い聞かせて痛みに耐えたはずだったけど、こんな気持ちになるのならもう一度頑張ってもいいかも?とそんなことも考えた。

産まれた瞬間は感動よりもほっとした気持ちが強くて涙も出なかったけど、無邪気な寝顔を見てるうちに自然と目頭が熱くなった。

「産まれてきてくれてありがとう。ずっと一緒にいようね。」

小さくつぶやきながらこの時初めて涙が流れたのでした…

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
出産その後
【振返り記事】

破水が先だったこと、羊水が濁っていたこと、産まれる直前に臍の緒が巻き付いて心拍が低下したこと…

これらの理由から我が子は産まれてすぐに経過観察で入院扱いとなり保育器に入ることになりました

どうやらお腹の中でう○ちをし、それを飲み込んでいたらしく抗生剤の点滴をされていました。

結局羊水が濁っていたのもうんちが原因だったよう

我が子が連れて行かれている間、後産の処置を受けました。

器具を入れられ胎盤の取り出し…

陣痛ほどではなかったけど顔をしかめるくらいこちらも痛かった

自分では見えなかったけど、後で旦那に「なんか袋みたいの出してたけどあれは何?」と聞かれました

「先生が直接手を入れて取り出してた」と…

その後切開したすそを縫い、一旦分娩室に戻ってきた我が子を胸の上に乗せて記念撮影なんかしてました。

赤くて丸くて温かい…

ついさっきまでお腹の中に居たはずなのに…

ついに産まれてきたんだな~とまだ信じられない気持ちで一杯。

また保育器に戻すから…と再び連れて行かれ、私はびっしょりかいた体中の汗を拭いてもらい、パジャマを着替えさせてもらい、おばけナプキンを装着されて分娩台に寝た状態のまま夕食。(全身疲労で自分じゃ何も出来ない)

朝も昼もまともに食べてなかったので分娩途中からかなりお腹がすいてた私。

がっつり食べるぞーと張り切ってたのだけど出されたメインメニューは残念なことにさんま

それでも全て残さず平らげました。

その後は車椅子で病室へ移動。

おしっこしたい感覚がないと思うけど時間を見て定期的に行くように言われる。

最初のトイレは助産師さんに支えられながらの移動。

ベッドから起き上がるのもツラ~イ

体も筋肉痛だけどおまたも痛い

おばけナプキンのせいもあるけど歩きは小股、すり足、がに股に

トイレでこっそり確認したら、すそを切開して縫っているのでお尻からおまたにかけてぼっこり貼れてるみたいな感じになっていた怖~い

本来ならば出産当日から母子同室可能だったのだけど、保育器に入ってるのでそれも出来ず

でも正直何日もまともに寝てなかったから今日こそやっと寝られる!って思ったけど、同室の他の赤ちゃんは泣くし、出産の場面を一晩中思い出したり治療してた頃のことなど色んなことが頭を駆け巡り、結局全く眠ることが出来ませんでした

興奮状態で眠れない人が多いそうで睡眠薬をくれる病院もあるのだとか。

出産がこんなに大変だったなんて…想像以上だったな。

人間の体ってすごく良く出来てるはずなのになんで出産だけこんな大変な思いしないとダメなんだろ

そうでもしないと大事に出来ないのかな?そんなことはないよね

不妊治療してまで欲しかった赤ちゃんだったけど、もう二度といいかも…(と、この時は本気でそう思った

かわいい顔したあの人も、すらっと美人のあの人も、何食わぬ顔しているけれどこんな思いをして産んでたんだ…

『母は強し』って言葉があるけれど、世の中の母親はこんなにすごいことを乗り越えていたんだな…

そりゃ強いはずだ

若いうちに産め、小さく産んで大きく育てる、この二つを身を持って感じた出来事でした。



ぺちゃんこになったお腹をなでながらこの時思ったこと・・・

これでやっと足の爪切れるっ


にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村
出産当日 産みの苦しみ
【振返り記事】(出産後に助産師さんから細かな記録や時間を教えてもらった内容も含む)


助産師さんに支えられながらゆっくり歩いて分娩台に移動。

分娩台に上がったら自分では感じなかったけど陣痛が少し遠のいたみたい(安心してそうなる人が多いそう)

体勢は助産師の指示でなぜか横向き(ベッドでは上向きより横向きの方が痛みをごまかすことが出来ていたのだけど後で思ったら産む時は最初から上向きの方が良かった)

波が来たらいきんでいいよと言われる(この時はまだ声を出して良いと言われたので遠慮なく出してた)

助産師さんが肛門をガーゼか何かで軽く押さえてくれてたけど、後期に既にぢが出てた私はもっと強く押さえて~って言いたかったけどそれも出来ず

陣痛の波がきても小刻みにしかいきむことが出来ず、何度も「一回をもっと長く」と言われたけどそう簡単に出来るもんじゃなかった。

目を開けることもできなくてずっとつぶった状態だったのだけど「それだと目と肩の方に力が行っちゃう」と言われたので頑張って目を開けるようにした。(言われたのは目をあけておへそを見るような体勢でう○ちをする感じで長い時間いきむようにとのこと)

途中スタッフの皆さんと旦那が会話しながら笑ってた・・・

こっちは痛くて意識が遠のきそうだってのにと少し苛立つ。

何度いきんだことだろう…

スタッフの誰かが「あと30回くらいいきんだら産まれるね」と言ったのが聞こえて「え~そんなに?」って思ったけど、実際に後で聞いたらそんなもんじゃなかったみたい

どれだけいきんでも正直横向きでは出てくる気が全くしなかった。

体勢を変えたいと思ったけど痛くてお尻の位置を少し動かすことも出来ないし、なにしろその思いを口に出すことも出来なかった。

陣痛が少し弱いってことで私の場合効果バツグンだったおっぱいマッサージをされ少し強くなったのだけど、それでもまだまだとの判断で15時頃から促進剤を少しずつ投入、最終的には48mlに。

陣痛が強くなったのかどうかも正直微妙だったけど、あまりに苦しくて頭をよぎる言葉は「もうやだ」「もういい」「もう切って下さい」ってことばかり。

言っても無駄だって解ってたからぐっとこらえたけど、ずっと「もう・・・」って牛みたいに連呼しちゃった

何度いきんでも相変わらず出てくる気配がなく、私が先生の問い掛けにも反応できないくらい弱ってきてるとの判断で16時48分、ついに体勢を上向きに変更の指示。(先生ナイス!でももっと早くそうしてほしかった)

体位を変えたら早かった(横向きから上向きになるだけでもひと苦労だったけど自分でもいきみやすかった)

何度かいきんだ後の17時、赤ちゃんの心音が60台まで低下、周りがバタバタと慌ただしくなり酸素マスクをつけられる。(へその緒がまきついてたらしい)

「大きく息してね~赤ちゃんに酸素あげて!」

え?なんかヤバいことになってる?と思いつつも「ふーふー」と声を出しながら大きく呼吸。

「ちょっとお手伝いしていい?お手伝いっていうのはお腹を押すんだけど」と女医さん。うなずくことしか出来ない私を確認し、分娩台に上がって私のお腹をグーで何度も押して来た

ギョエーッ押すってそんなにハードにッ

「これに負けないくらいいきんで~

いわゆる圧出法ってやつらしいけど、あの時はリンチで殺される人ってこうやって死んで行くんだろうなってくらいの苦しさでした

自分がこんな声を出せる人間だったんだ?ってくらいの声を出した気がする

多分2回くらいこのリンチを受けた後、17時10分おすそを切開、「もう出すよ!」「小児科の先生呼んで!」という声と吸引とともに最後のリンチ攻撃で17時13分、にゅるにゅるっとした感覚で我が子誕生

妊娠中は旦那と「産まれる時泣くかな?」「泣くでしょ」って会話してたんだけど、予想に反して涙なんて全く出ませんでした。

出産後最初に発した私の言葉は「出た~」

我が子と対面した時に出た言葉は「温か~い」

それぞれ違う言葉を想像してたんだけどね・・・現実は全く違うものでした

なぜかずっと一緒にいきんでた旦那も相当疲れたようで全然泣いてませんでした。

産声をあげる我が子の顔はガッツかな?って想像してたけど全然そうじゃなかった

見た目で解る障害がないことを確認してまずは一安心。

それでも我が子はいくつかの理由で取り上げられて間もなく小児科の先生に連れて行かれてしまったのでした・・・

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村


プロフィール

いちご

Author:いちご
アラフォー主婦

不妊治療で子供を2人授かりました。
それまでの記録と子育て。
怒りっぽく、ケンカになるとモラハラ発言連発の旦那へのグチ(毒)を吐いています。
(現在は都合によりコメント欄閉鎖中です)


ここには頑張る人がたくさんいます!
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 不妊から出産、育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村

カテゴリ
過去記事

アクセスカウンター

今日のことば

お気に入り
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。