スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
不正出血?それとも・・・
数日前からおりものに血が混ざる感じで少々出血。

産後まだ3ヶ月も経たないのにもう生理来た???

ブルーディはない方がまだまだラクだし、卵巣を休ませるって意味でもまだ来て欲しくなかった

っていうか去年1月に出産した友達が年末に会った時まだ来てないって言ってたからこんなに早く来るなんて思ってもなかったしなんか凹む。



と思ったらイマイチ出血量増えず。

どっか違うとこから出てるのかな。

んなわけないか。

生理?不正出血?どっちにしても気になる
スポンサーサイト
新生児用おむつ卒業
本日5.6kgになってた我が娘。

本当はもっと早く卒業しても良かったんだけど、在庫を消費したらこの時期になっちゃった。

正確に言うと夜だけは既にお祝いでもらったおむつケーキの”最長10時間吸収”のパンさんSサイズ使ってたんだけど。

産まれたての頃は90枚入りのおむつが1週間でなくなり、しばらくしたらくしゃみの度にうんちも出ちゃったりして1週間もたなくなっていたけれど、今はぐうたらも手伝って10日以上はもってるかも

病院がメリーさんを使ってたので家でもメリーさんだったけど、お祝いでもらったおむつケーキのパンさん使ったらどうして人気があるのか解った気がする・・・

パンさんはテープが延びて留めやすいんだね。

他にムーさんも使ってみたけどプーさんの柄が可愛くておむつ替えが楽しかった

色々使ってみて好きなもの探してみよう。
入院時の荷物
【振返り記事】

ある程度何が必要かは病院がリストをくれると思うけど、どれだけ買えばいいのか数量が解らなかったものや他にあったら便利だったものを覚書。

数量が解らなかったもの

<お産用ナプキン>

大(5枚入)3つ
自分では1つしか用意しなかったけど、私は破水が先だったので予定外に出産前から使用し、結局は病院から買う形でトータル3つ使用。
破水しなければ1つでも足りたかも?

中(10枚入)1つ

小(20枚入)1つ
一応用意はしたけれど、生理用(夜用)とさほど大きさに変わりないのでナプキンで十分かも。

生理用(夜用)ナプキン
大きめのもの2つ持参で少し余り。
退院後も結局は使うので、多めに準備してもいいかも。

産後の出血(悪露)はしばらく多いし、入院中はベッドで横になってる時間も多いのでもれ防止のギャザー付きが絶対に良い!
でも市販のものはギャザーが着いてないものしか売ってなかったので病院から買える場合はその方が良し。


<産褥ショーツ>

私は4枚持参してたけど、これまた破水で出産前から使用し、しかももれて交換したのでフル活動
実家の母に洗濯を頼める状況だったので4枚でなんとかギリギリ足りた感じ。


リストにはなかったけどあったら便利なもの

<ブラトップのキャミソール>

これは絶対必須
入院中は何かとお見舞いが多いので病院の(ゆかた式?の)パジャマ一枚じゃおっぱいが見えそうになる
時々先生や助産師さんが子宮の戻りをチェックするためにお腹を触りに来てパジャマの紐をほどく機会もあったので、その度におっぱいがポロンと見えちゃうのを防いでくれた。
おっぱいパットもつけられるし産後も毎日使うものだからいくらあっても困ることナシ

<体拭きシート>

出産した日はシャワーも禁止、入院中はシャワーも自由にできないこともあるので体を拭いたり悪露で汚れたすそを拭くのに重宝。
赤ちゃんに合わせた温度なので病室は結構暑く汗をかく
時々先生や助産師さんが悪露をチェックしに来たりするのでこちらも私的には必須アイテム。


<ドーナツ型座布団>

すそを切ったので座るのがとにかく痛かった
切ってなくてもあれだけのものが出てくるのだからみんな痛いはず
入院中はベッドであぐらをかいて授乳してたのでなにもないとちょっとキツイ。
病院にもドーナツ型のチェアーがあったけど、固くてあまり座り心地は良くない。
私は途中から母に頼んで持って来てもらい食事の時は椅子、授乳時はベッドとあちこち移動して使用。


<授乳クッション>

初めての授乳は馴れないうえに病院の枕やタオルを使って無理な態勢でやっていたので腰が痛くなった
病院にも用意はあったけど、全員分はないし、なんとなくお古は使う気になれなかった。
出産前はそんなに必要ないかな~と思っていたけど、退院後もガンガン使うし、赤ちゃんが少ししっかりしてきたらクッションにはめて座らせることもできる。
妊娠中から抱きまくらとして使えるタイプもあるようので早めに買っても損はナシ!
私は退院後にネットで買ったのだけど、初めて使った時はあまりの楽さにもっと早く買うべきだったと後悔したくらい良い
ちなみに私はビーズクッションタイプをチョイスしたのだけど、これにはめておくと快適なのかおとなしくぼーっとしてます

入院は数日だから別にいいや~って思ってたけど、その数日間にうけるダメージ(肩・腰・膝)はかなり大きいし、その後の体調にも影響があるので少しでもラクな方が良いと実感。
退院しても買い物にはほとんど行けない状況になるので出産前に準備しておくのが賢明デスネ

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村
産後うつ
【振返り記事】

入れ替わりで顔ぶれが変わる産婦人科の病室。

数日の入院生活だったけど、消灯後、夜中に毎日すすり泣いてるママ達に遭遇。

最初は私と同じように赤ちゃんの顔見て感動してるのかな~って思ってたけど、あまりに毎日続くのでおかしいなと思っていたらやっぱりそうではなかったのです(盗み聞きにより判明)

結婚するとは限らないという若い未婚の母。

大変な思いをして産んだのに義理の親が労いの言葉ひとつかけてくれないことが不満のママ。

ある日は過呼吸になり大騒ぎになってたくらい。

それぞれ大変だな~私はそんなんならなくて良かった、なんて思ってたのに退院した後それは人ごとではなくなったのデス…

私がキレた?原因は、今までしつこいくらい纏わり付いてた旦那が私そっちのけで娘娘になってたこと。

I love youもsweet heartも私から娘に移行した。

出産直後にこそ「お疲れ様」って言ってくれたけど、それ以降のいたわり?みたいなものがなかったから。

ま、過呼吸の彼女と似たようなもんだけど、義理の親ならぬ旦那がみたいな。

もっと私に優しい言葉かけてよ!ってな気持ちになっちゃって

今思えばなんでそのくらいで?って感じなんだけど、その時は娘を抱っこしながら旦那にキレてわーわー泣いたくらい精神的に不安定になってました。

他には旦那や親に「おっぱい足りてないんじゃない?」なんて言われるのもかなりイラつく要素だったかも。

おっぱいはどれだけ出てるか見えないんだから知らねーよこっちが知りたいわいみたいな。

旦那調べによると、出産後の女性の8割がうつを経験するらしいです。

入院中もそんな感じのアンケート書かされたけど、その時は自分には全く関係ないね~なんて思っていた私も見事に8割に入ってしまいました

ま、うつってほどでもないけれど。

周りでは実家の親とケンカして予定より早く家に戻ったなんて人も何人もいるくらいだし、それだけみんな不安定になっちゃうってことなんだよね…

治療中もホルモンの関係でイライラすることあった気がするけど、出産に伴うホルモンバランスの乱れは想像を絶するものでした。

今思ったら全て笑っちゃう出来事なんだけどね


にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村
あ~しんど。
ブログを始めてから初めて広告が出るほど放置してしまった

ここに書きたいことは山ほどあるっていうのに

娘はすくすくとおデブまっしぐらに成長し、元気いっぱいで過ごしています。

私の方は・・・?といえば、実家で長く甘えていた生活から、いきなり全てのことをほぼ一人でせねばならず、何からやればいいのか解らずにてんてこ舞いの毎日です。

加えて初めての土地での生活もスタートして、これからますます引きこもりになりそうな予感。

私に手が4本あったらいいのに

実家ではおっぱいもゆっくりあげることが出来たけど、今はやることがいっぱいでせっかく出来てたリズムが崩れてきちゃった・・・ゴメンよ、娘

昼間にお世話と家の片付けを中途半端にやってたらちっとも進まなかったけど、寝てくれた後、夜な夜な活動したら一気に片付いたぞ。

二兎追う物は一兎をも得ず。だな。

しばらくは寝る間を削ってまずは家の片付けだ

一緒に昼寝なんてまだまだ夢の話かも

とりあえずそろそろ予防接種なんかも受けさせないといけないので、色々活動しなくては。
プロフィール

いちご

Author:いちご
アラフォー主婦

不妊治療で子供を2人授かりました。
それまでの記録と子育て。
怒りっぽく、ケンカになるとモラハラ発言連発の旦那へのグチ(毒)を吐いています。
(現在は都合によりコメント欄閉鎖中です)


ここには頑張る人がたくさんいます!
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 不妊から出産、育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村

カテゴリ
過去記事

アクセスカウンター

今日のことば

お気に入り
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。