移植の相談
昨日、採卵以来の通院日でした。

本当は採卵から1週間後くらいに行って内診と凍結の詳しい話をするようなのだけど、早々に予定を入れてしまったもので昨日の通院となりました。

先生の予定ではまだ生理前だったようなのだけど、実は既にリセットし、4日目でした。

これまで採卵周期にそのまま移植をしていたのでこういうケースは初めてだったけど、採卵後の生理は早く来るという情報はよく目にしていたので私の中ではなんとなく予想通り。

採卵から10日でのリセットでした。



内診時、カーテンの向こうの先生に「1個だったね〜」と言われ「そうですね〜」と苦笑い。

卵巣はもう元に戻っているとのことでも問題ナシ。

その後のお話で受精卵のことについて軽くお話が。

脱落した1個は桑実胚くらいでストップしてしまい胚盤胞にはならなかったとか。

凍結された3日目胚は、顕微のものだそうです。



移植については、マーベロンという薬を3週間飲み、リセット後に移植周期に入るとのことだったのですが、そうするとリセットがお盆前になってしまい、帰省などと重なってしまうため1周期延期することにしました。

移植前にもちゃんと薬で卵巣を抑えて?挑むのですね・・・

飲み終わりでは血液検査はなく、内診のみで移植周期に入れるようです。

一人目の時はD2〜3のE2が60以上だと中止・・・みたいなことを言われたのだけど、この薬飲むと気にしなくていいのかしらね??

とにかくしばらくは何もなしでお休みになったので、どこか行ったりして夏を満喫しようかなと思います。



クリニックのPCで患者同士の掲示板を見たら、まだまだ私より凹む結果の方が前向きに頑張ってることを知り、ちょっぴり勇気をもらいました。

先のことを考えすぎるとちょっと怖いけど、なるようになるさ。くらいで頑張ります。
スポンサーサイト
受精&凍結メール
採卵後、しばらくリフレッシュに出ていたので更新が遅くなっちゃった・・・



採卵の翌日には受精報告、そして6日後には凍結報告のメールがありました。

先に結果を書いちゃうとかなり凹む内容なんだけど,数日経った今の心境としては、なんだか開き直って受け止めた。って感じです。


まずは受精報告。

5個採れたうちの3個を顕微、2個を体外にした様子。

顕微グループの受精はまさかの1個。

1個は「受精不明確」との初めて目にする結果・・・

体外グループはあまり期待してなかったけど1個受精してくれたみたい。

トータル3個培養を続けるとの内容だったけど、不明確ちゃんは多分無理だろうってこの時点で諦めた。

まさかの2個か・・・とこのメールでかなり凹んじゃった。



そしてド緊張の凍結報告。

なかなかメールが来なかったので、ものすごい不安な日々を過ごしました・・・

最初に目に飛び込んで来たのは「凍結は出来ませんでした」の文字。

先生の「全滅」って言葉が頭をよぎり変な汗が出て来たけれど、もういちど最初から読み直すと「8±1個」の文字があった。

手元に資料がなかったのでさっき調べたら「8分割のフラグメント5〜10%」という意味らしい。

ま、とにかく3日目の胚が1つ無事に凍結出来たみたい。

凍結出来なかったのは「胚盤胞」でした。

1個チャレンジしてみたのか、その前に分割しなかったのか、その辺はメールでは解りませんでした。

でも6日後にメールが来たってことは多分チャレンジしたんだろうなぁ・・・

次回の診察時に詳しいことを聞いて来ます。



貴重な貴重な5個だったのに・・・

受精で(しかも顕微なのに)こんなに脱落するなんて・・・

受精報告を見た時点で正直「全滅」だった時の心の準備もしてました。



トータル10回も注射を打って、移植出来る胚はたったの1個・・・

悲しすぎる。

受精メールがあった時点で「胚盤胞しなくていいでーーーす」って電話してたら2個凍結出来てたのかな?

とか色々考えました。


ネットで「ここに行けば授かるよ〜」って神話のような書き込みをたくさん見て、どこかで自分もすぐ仲間に入れる気になってたんだ・・・

2人目通院で初めての凹みでした

でも恐れていた全滅だけは避けられた。

一人目でなかなか着床しなかった私としては、1回の移植に期待は出来ないけれど、もしかしたらの奇跡を信じて体調を整えてお迎えしようと思います。

大丈夫!まだ終わったわけじゃない
採卵終了。
娘が起きる前に準備を済ませ、1番の予約でクリニックへ向かいました。

採卵自体に対する緊張はほとんどなかったのだけど、忘れ物はしないだろうか・・・時間通りに着けるだろうか・・・バタバタしてる朝に娘が起きてしまわないだろうか・・・

などなど、そっちの方が気になって気になって

時々早朝に目覚めることのある娘も、この日は私の準備中に少し泣き声を出したけれど、そのまま再び眠りについてくれて、なんとか予定通り家を出ることが出来ました

採卵が3回目とはいえ、今のクリニックでは初の採卵。(しかも久々

未知の扉の向こうにあった無数のベッド数には驚きました

前のクリニックは3つくらいしかなかったもんなぁ。

案内されたベッドで手術着に着替えるように言われた時、初めてちょっとだけドキドキしてきました。

点滴の針を入れられて、採卵室まで歩いて行き、台の上に上がって先生が登場した所までは覚えているのだけど、その後プッツリと記憶がなく、目が覚めた時にはベッドの上で寝てました。

前のクリニックは、ギリギリの麻酔だったらしく、採卵中に声が聞こえたり目が覚めたりしていたのだけど、ここはしっかりと寝せてくれた

お酒が弱いせいもあるのでしょうかね・・・

「私ここまで自分で歩いて来たんですか?」って看護師さんに思わず聞いちゃった

でもしっかり寝てた割には麻酔の覚めも以前と比べとてもスッキリしたものでした。

採卵をしてくれたのは予想外にもゴッドハンド院長でした。

初診以来多分2回目のご対面だったけど、ほとんど記憶なし

でも安心して身を委ねることができました。

採れた数は予定通り5個。

このうち全部が成熟卵だったかどうかなど、詳しいことはまだ解りません。

2/3を顕微で残りは体外でやってみるとのお話だったけど、何個がどうなるのかもまだ解りません。

明日以降メールで順次連絡があるようなのでドキドキして待つのみです。

成長次第では初の胚盤胞にもチャレンジしてみることになりそうです。

実は先生には「そこまでいくの結構少ないんだよね」「全滅したら悲しいでしょ」などあまりいいこと言われなかったので「無理したくない」と答えたのですが、数個チャレンジしてみるか?って感じだったので、こちらもどうなることやら・・・

お昼前には会計を済ませ終了したので、旦那に迎えにきてもらい、頑張ったご褒美にブッフェレストランでランチをして帰りました。

前のクリニックで採卵した時は、帰りの電車で具合が悪くなり、駅のホームでしばらく休んだこともあったのですが、今回はウソのように元気いっぱいで、ついでに娘の服なんかも買っちゃう余裕もありました。

前のクリニックを否定するわけじゃないけれど、やっぱり病院って実績のあるところを選ぶのも大事なことなんだなって思いました。

色々と・・・やっぱ違うよね。

今回移植はしないので、投薬などなしで生理を待つのかと思いきや、カバサールとかいう湿度管理が面倒なお薬を5日間飲むように処方された他、鼻シュッシュも無くなるまで続けてねといわれ、ちょっとめんどくさいです

果たして移植はいつになるのかな〜

ってかその前に5つの卵ちゃんがどこまで成長してくれるかだよな〜〜〜

後は祈るのみ

1歳8ヶ月
最近、通院ネタばかりだったので久々に娘の成長記録を。

早いものでもう1歳と8ヶ月になりましたが、まだ体重は10キロないみたい。

パンツはもうLだけど、おむつはまだMでなんとか頑張ってます。

私の通院に付き合ったり、子育てセンターなどで他の人と接する機会が増えたからか、以前ほど人見知りをしなくなってきた気がします。

先月?くらい、私の祖父母の家に遊びに行った時も、いつもおじいちゃん(娘にとってはひいじいちゃん)の顔を見るなり泣いていたのだけど、こないだはビビリながらも何か一生懸命お話してたよ

おじいちゃんも初の出来事に嬉しそうにしてて私も嬉しかった

昨日なんて、クリニックのキッズルームにいた他のコのパパになぜかくっついて行って、本を読んでもらったり手をつないで歩いたりしてて私の方がびっくり

男の人は特に苦手だったはずなのに・・・人によるのかな。



他のコと接したり親同士話すことで知ったのだけど、うちの子、言葉がとても早いみたいです。

クリニックでほとんど同じ月齢のコの親と話したら、まだ「あ〜とかう〜とかしか言わない」って聞いて驚いた。

うちの子、最近めっきりおしゃべりになってきて、今では顔のパーツ「めんめ、はな、ほっぺ(時々ぺっぺ)くち、みみ」も言えるし、「ゴリラ、イリー(キリン)ウキキー(さるのことね)」「イーゴ(リンゴ)ナーナ(バナナ)」も言えるようになりました。

あとは「じょーさん(ぞうさん)いたいたいってってたー(いたいいたいって言ってた)」とか、ちょっとした長文も言ったりするし

他の親に「すごい」って言われるまですごいなんて全く思っていなかった

旦那が話す英語も、うんとううんをちゃんと使い分けて返事してるところを見ると、一応理解してるんだなぁと感じます。

彼女が発する言葉はほとんど日本語だけど、スイカのことを「アポー」(間違ってるけど)カメのことを「タートー」と言ってるのは何度か聞きました。

そのうち私より英語出来るようになるんだろうなぁ


ここ数日のお気に入りは「いないいないばぁ」のオープニング曲を私に歌わせて一緒に歌うこと。

ちゃんと私の口の動きを見て、ちょっと後出しの時もあるけれどそれなりに上手に歌ってるのは本当にすごいなって思います。

寝ながら声を出して笑ったりすることもあって、その時はその声に驚き起きてしまうけど、楽しい夢見てるんだなって思うと私までハッピーな気持ちになれます。

大好きな娘ちゃん、毎日ありがとう
採卵日決定
注射が追加になって2回目の診察指定日。

目標1000以上に設定されてたE2の数値も1128と一応クリア。

内診ではいまいち数が解らなかったけどやっぱり5個くらいだったのかなぁ。

まだ若干サイズもバラバラで小さいのもあったから、あともう1日育てて木曜日の採卵が決定しました。

最後の誘発注射は診察終了後にクリニックでしてもらい、明日のHCG注射だけ自己注射するようにキットをもらいました。

自己注射、怖い怖いと思っていたけど、毎日通院するより本当にラクでした。

HCGは特に夜遅い時間にしなきゃいけないから、自宅で出来るのはとてもありがたい。

前は旦那に送ってもらって近くの産婦人科まで打ってもらいに行ったもんな〜。

なんだか一人目で通っていた時よりも苦痛を感じていないというか・・・

経験したことあるからってこともあるかもしれないけれど、本当に採卵する周期なの???ってくらい緊張感がありません。

もちろんこの先に待ってるドキドキへの恐怖はありますが・・・

心のどこかでもしダメでも自分の中で諦め時を決めているからかもしれません。

今回の採卵だけでうまくいくといいのだけれど。



ちなみに今回、移植はしないことになりました。

卵巣が腫れてるとかそういうことではなく、凍結の方が確率が高いということで先生からのオススメに従うことにしました。

早く戻したい気持ちもあるけど、採ってしまえばとりあえず安心できるし、今更焦っても仕方がないので良い選択だと思ってます。

予定では顕微だけど、一部体外でやってみるみたいです。

胚盤胞まで育てるかどうかの話もしたけれど、こちらはどうなるか解らないのでまた今度改めて。

こうして全て「お任せします」って言えるクリニックに出会えたことに感謝します。

明日のHCG注射(時間厳守)忘れないようにしなきゃ
プロフィール

いちご

Author:いちご
アラフォー主婦

不妊治療で子供を2人授かりました。
それまでの記録と子育て。
怒りっぽく、ケンカになるとモラハラ発言連発の旦那へのグチ(毒)を吐いています。
(現在は都合によりコメント欄閉鎖中です)


ここには頑張る人がたくさんいます!
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 不妊から出産、育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村

カテゴリ
過去記事

アクセスカウンター

今日のことば

お気に入り
リンク