スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
子は親を選ぶ
「子供は親を選べない」と一般的に言いますが、以前、「子供は親を選んで産まれてくる」という内容の本を読んだことがあります。

そういったことを研究している先生がいて、まだピュアな子供たちにインタビューして本にまとめたものです。

純粋な子供たちが作り話をしているとも思えないし、とても興味深く読みいりました。

その本によると、お母さんのお腹に入る前、雲の上から大勢の子供たちが地上のママ候補を見ており、時期が来たら1列に並び、自分の順番が来たら神様に「あの人の所に行きたい」と申し出て、お腹に入っていくんだとか。

だからその時にママがどんな服を着ていたということまでも、鮮明に記憶している子供もいるそうです。(しかも本当にその服を持っていたらしくママもびっくり!)

どうしてこのママを選んだのか?という問いに対し多かったのは「優しそうだったから」というもの。
中には「パパとケンカばかりしていたから僕が行けばしなくなるかな~と思った」とか、「自分で決められないって言ったら、神様が、子供を欲しくて仕様がない夫婦を指差して、”あの人たちの所に行ったら?”とすすめられた」とか、ちょっと涙が出そうになる理由も・・・

中でも興味深かったのは、兄弟として産まれてくる子供たちは、雲の上で「同じお母さんの所に産まれてこようね」って約束しているんだそうです。

それってスゴい

その本を読んだという子供のいない年上の知人は、「私、選ばれなかったってことだよね~」と半分冗談まじりに笑っていた。

あの頃はまだ子供が欲しいと思い始める前だったけど、あまりに衝撃的な内容だったため、今でも時々思い出すことがある。

そしてふと、私は上から見ている天使たちの目にどう映っているのだろうか・・・と考える。

いつの日か私の所にも天使がやってきてくれるなら、物心つく前に絶対に聞いてみたいことの一つです。



スポンサーサイト
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://sekiraraichigo.blog75.fc2.com/tb.php/11-53371b58
プロフィール

いちご

Author:いちご
アラフォー主婦

不妊治療で子供を2人授かりました。
それまでの記録と子育て。
怒りっぽく、ケンカになるとモラハラ発言連発の旦那へのグチ(毒)を吐いています。
(現在は都合によりコメント欄閉鎖中です)


ここには頑張る人がたくさんいます!
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 不妊から出産、育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村

カテゴリ
過去記事

アクセスカウンター

今日のことば

お気に入り
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。