両親への思い
先日の母の日に、気持ちばかりのプレゼントを実家へ送りました。

本当は会いに行きたい所だけど、遠く離れて住んでいるのでそれもできず・・・

せめてと思い電話をする。

もう何年もこんな母の日、父の日が続いています。


そしてそのプレゼントが届いたよ、ありがとう。と慣れないパソコンでメールを打ったようなのだけど、調子が悪く送信出来ないと電話がかかってきました。

時々・・・というかよく私はカスタマーセンターになっています

歳をとってからパソコンを触るようになった両親は、インターネットを使うことすら怪しく、ましてやキーボードで1行の文を打つのにもとても時間がかかっているレベル。

そんな両親に遠隔からパソコンの操作を指示することは素人の私には難しい仕事で、ダメだと解っていても話が伝わらないことにイライラして冷たい口調になってしまうことがあります。

本来「母の日」というのは母親に日頃の感謝を込めてありがとうと言う日であって、プレゼントを貰った母親が子供にありがとうと言う日ではない。

おそらく時間をかけて「ありがとう」というメールを打ったのに、私はありがとうも直接言ってないくせに冷たい口調で対応してしまった。

なんて親不孝な娘だろう・・・

両親に対しては、離れて暮らすようになってから感謝の気持ちがとても大きくなりました。

でもなんとなく気恥ずかしくて「ありがとう」や「ごめんね」なんて言葉、きっと1度も言ったことない気がするけど、私の性格を知り尽くしている両親だもん、言わなくても解ってくれてるって信じています。


少し前、両親が私の住む街を含め、ツアーで観光旅行に来ていました。

家に泊まってあちこち行けばいいものをわざわざツアーに申し込む・・・

多分、子づくりの邪魔しちゃいけないとか迷惑かけたくないとか色んな思いがあってのことだと思います。

自由時間がある時に1日(といっても数時間)だけ、両親と合流して私も一緒に観光をしてきました。

なんだかこの旅行の目的が本当に観光だったのか、数時間だけでも娘の顔を見たかっただけなのか、どっちだったのかな・・・と考えました。

家に帰ってから、両親にもらった地元のお菓子などの入った袋を開けると、一緒に封筒が入っていました。中身はお金です。

電話で話すと「交通費」と言っていました。何百円しかかかってないんですけど・・・

未だに何かにつけてお金をくれたり食糧なんかも送ってきてくれる両親には、本当に感謝しても仕切れない思いでいっぱいです。

本当はそんなことしないで自分たちのために使って欲しいのに・・・



比べちゃいけないけど、旦那の父親は今まで1度もそんなことをしてくれたことがありません。

生活費もこちらからの仕送り頼りだし、子づくり宣言してる中、3ヶ月近く狭いマンションに居続けたくらいですから・・・

さすがに流産してからは「来る」って言ってこないけど、そうでなかったらまたいつ長期で来るって言われるかとドキドキしてしまいそう



私の姉には2人子供が居るので両親は既に孫がいます。

でもやっぱり私の子供も楽しみにしているはず・・・

ここでもまた親不孝な娘です。

だけど20代中頃に卵巣膿腫の手術をした時、もしかして子供出来ないかもな・・・なんてかすかに考えたりもしたけど、あの頃は結婚すら出来ないかも。って思っていたから今はまだ恵まれている方なのかもしれない。

結婚していなければ治療うんぬんの前に年齢的なリミットが来てしまうもんね。

治療できることだけでも幸せって思わなくちゃ。


大大大好きな両親にもいつかきっともう一人の孫の顔、見せてあげたい。


にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://sekiraraichigo.blog75.fc2.com/tb.php/165-89cd7e75
プロフィール

いちご

Author:いちご
アラフォー主婦

不妊治療で子供を2人授かりました。
それまでの記録と子育て。
怒りっぽく、ケンカになるとモラハラ発言連発の旦那へのグチ(毒)を吐いています。
(現在は都合によりコメント欄閉鎖中です)


ここには頑張る人がたくさんいます!
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 不妊から出産、育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村

カテゴリ
過去記事

アクセスカウンター

今日のことば

お気に入り
リンク