採卵日(振り返り)
内容が前後してしまいますが、慌ただしい毎日で採卵の詳しい様子などを書けなかったので、記録として残します。
私も同じクリニックへ通う方のブログがとても参考になったので、どなたかの参考になれば幸いです。

【採卵日当日】

朝8時までにクリニックへ来るように指示があったので、余裕を持って少し前に到着。

普段は9時OPENですが、採卵する人が居る時は、その為だけに早く開けてくれるようです。感謝

受付で同意書と問診票、そして大事なを渡した後、トイレに行くように言われる。(この時「トイレは大丈夫です」と言ったのに無理矢理行かされました!)

すぐに奥に呼ばれ、排卵していないかどうかの確認で内診。

先生からお話で、「採れそうなのは8個くらいかな~」と言われる。

その後、術着に着替え、点滴の針を刺され採卵室へ。

朝早くからたくさんの看護師さん、培養士さんが私のために出勤してくれたんだな~と感謝の気持ちでいっぱいになり、麻酔で意識を失う前に「皆さん朝早くからありがとうございます」と一言お礼を述べました。

実は点滴に”麻酔がかかりやすくする薬?”を入れられた時から酔っぱらったような意識が遠のく感じがありました。

麻酔は先生が来てから入れられたようですが、こっくりと寝てしまったようであまり記憶にありません

意識を無くしていたはずでしたが、実は採卵中に何度か目が覚めました。

事前に看護師さんから「麻酔は最低限の量しか使わないので、途中で覚める人もいる」というような話しを聞いていたので、それほどびっくりすることもなく。

目をはっきり開けたわけではなかったと思いますが、私の右側に常に看護師さんが立っていたのが見えました。

ピー、ピー、という機械音も聞こえていたと思います。

着替える前に渡してあった生理用のショーツをはかせられた場面もしっかり覚えています

「終わりましたよ~」と起こされて、看護師さんに支えられながら自分で歩いてベッドまで戻って来ました。

その時点で「今何時ですか?」と聞いたら「8:50です」と言われました。

しばやく休んで下さいとのことだったので、遠慮なく爆睡しようと思ったのですが、私の後にも採卵の方が4人くらいいたようで、その方たちと看護師さんの会話、バタバタと歩く物音などであまりきちんと寝られず、寝ては起きの繰り返し。

11時くらいに一度看護師さんがお水を持って声をかけに来てくれました。

その時、点滴を引きずりながら看護師さん同伴でトイレにも行きました。

その後もう少しうとうとしながら休み、昼の12時をすぎた頃に再び看護師さんがお水と野菜ジュースを持って来てくれました。

「麻酔はもう大丈夫ですか?まだ残っているならもう少し休んで午後からにしますか?」と聞かれたけれど、少しくらくらしてても、ここで休むより家で寝たい。と思い、「大丈夫です」と答える。

着替えて卵巣が腫れていないかどうか内診してもらう。

その後、診察室で先生から「5個採れました」と詳細を聞く。

言われてた数より少なくて、えーと思ったけれど、少々ぼーっとしてたので特に質問もせず。

抗生物質と消炎鎮痛剤(1日3回×4日分)をもらい、「今日の昼から全部飲みきって下さい」と言われました。

その後お会計を済ませて帰宅。

この時点で12時半でした。

全てが初めての経験でしたが、手術自体は何度か経験しているし、思ったよりも本格的な感じに驚き、ちょっと他人事のようでした

余談としては、明るい場所であれだけの看護師さんの前でがっちりオマタ開きをしてた自分にちょっと笑ってしまいました

移植編につづく・・・


にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
この記事へのコメント
75. えびまよ   URL  2010/06/25 13:04 [ 編集 ]
採卵の様子が分かって、とっても参考になりました!
私の病院は基本、局部麻酔で痛みに弱い人は全身麻酔らしいんですけど、
いちごさんのところは基本的に全身麻酔なんでしょうか?

私の友人のクリニックはとっても細い針を使って採卵するので、
無麻酔でやると言っていたし、クリニックによって色々違いますよね!

ところで、いちごさんは移植後はどんな感じで生活してらっしゃいますか?

私の友人は数日間はなるべく横になっているように!と言われたらしく、
旦那様に家事の一切をして貰うという姫生活を送っていたのですが…。

ちなみに私の通っているクリニックでは、激しい動きを避ければ、
普通に生活して良いと言っているんですが。。。

ただ、友人の話しを聞いた夫は、俺も移植後数日間は
在宅で仕事して、姫のお世話をするよ!と言ってくれているので、
そういう事にしておいて、姫生活を経験してみようか?
なんて、企んでいたりします(笑)

それから、ブログは前にやっていたんですけど、もうやめちゃったんです(>_<)
と言っても、治療とは全く関係ないネットでの買い物ブログなんですけどね!

では、移植編も楽しみにしています☆




76. いちご   URL  2010/06/26 14:44 [ 編集 ]
えびまよさんへ

完全自然周期などで卵胞が1つしかない場合は麻酔をせずに採卵する所もあるようですね。
私のクリニックでは刺激をして複数育てるので、多分基本的には全身麻酔をしているのではないかと思います。

移植後の生活ですが、いつもと特に変わりなく過ごしています。
看護士さんとの雑談では、仕事してなくて専業主婦なら出来る限り何もしない方がいいと言ってましたが、先生からは絶対安静の指示など一切ありませんでした。
でも、これまで色々調べてきた感じでは、お仕事されてても妊娠した方もいるし、あまり神経質にならない方がいいのかな~と思ったりしています。
お姫様生活憧れますが、私の場合、旦那にまかせて・・・ってことが性格上出来ないので・・・
ま、いいか。と思ってます(笑)

それにしてもえびまよさん、まだステップアップすると決まったわけじゃないですよ!
まだ今は希望を持って毎日過ごして下さいね!
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://sekiraraichigo.blog75.fc2.com/tb.php/185-ea8e098f
プロフィール

いちご

Author:いちご
アラフォー主婦

不妊治療で子供を2人授かりました。
それまでの記録と子育て。
怒りっぽく、ケンカになるとモラハラ発言連発の旦那へのグチ(毒)を吐いています。
(現在は都合によりコメント欄閉鎖中です)


ここには頑張る人がたくさんいます!
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 不妊から出産、育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村

カテゴリ
過去記事

アクセスカウンター

今日のことば

お気に入り
リンク