移植日(振り返り)
昨日の採卵編に続き、今回は移植編です。

<採卵の翌日11:00に電話で受精確認、そして更に翌日の朝11:00に分割確認をしています>

【移植日当日】

午前中、分割確認でOKが出たので、夕方17:30からいよいよ移植です。

15分前には受付を済ませるように。とのことでしたが、かなり早めの17:00過ぎには到着してしまいました。

呼ばれてすぐに血液検査。

その後、先生とのお話のため診察室へ呼ばれました。

机の上には初めて見る私たちの受精卵の写真

先生から言われたことは
(1)の状態があまり良くなかったので顕微受精になってしまったこと。
(2)今日の時点で4分割になっていて欲しい所、1つは6分割のグレード1、もう一つは少し遅めで3分割のグレード3であること。
(3)グレード3の方は凍結するのも・・・という感じなので、今日2つ移植しましょうということ。
(4)2つ戻すとお互いの相乗効果で着床ホルモンがたくさん出るということ。

他にも色々お話したのですが、それについてはまた後日別にUPします。

そして一度診察室を出て、看護師さんに別室に通されました。

移植はいつも内診をする所でやるのかな・・・?と思っていたのですが、採卵をした時と同じ部屋、そして同じ台(ベッド?)で行いました。

事前にスカートをはいて行くと着替えなくて良いと聞いていたので、スカートで行き、ショーツだけを脱いでオマタ全開ベッド?に乗るように指示がありました。

この時は看護師さん1人と培養士さん1人。

移植の際は『尿をためておかなければいけない』と諸先輩がたのブログで知ってはいたのですが、どの程度ためればよいのかイマイチ解らず・・・

一応2時間半くらいトイレに行かずに待機していたのですが、看護師さんに「あまりたまってないみたいですね」と言われてしまいました

お腹からエコーを当てて、モニターに丁度いい具合に子宮が映るように時間をかけて調整。(私のせい?ゴメンナサイ

尿がたまっているともっとキレイに映るそうです。

そして準備が出来て先生の登場。

名前、生年月日を自分で言わされ、先生も培養士さんも何度も何度も名前を口に出して言っていました。

取り違え防止の為だと思われます。

膣洗浄をしてから器具を入れられ、カテーテルで卵チャンが入れられました。

この時「今ここにあるの解りますか?」とモニターを見せてもらいました。

子宮に戻した受精卵は、モニターで白く光って見えます。

あ~、ついにお腹に戻ってきたんだな~と不思議な感動がありました。

先生が去った後、足を下ろして横になり、ベッドをやや傾けた状態で15分間待ちました。

この間、お話好きの看護師さんだったので色んな話しをしてました。

15分後、台から下り、着替えて再び先生とのお話。

血液検査でホルモンの数値が問題なかったということと、今後の通院予定表、今日の夜から飲むルトラール(1日2回朝夕×14日分)をもらい、診察室を出る。

そして最後の極めつけ

黄体補充の注射を2本。
水性1本と油性1本、初体験です

これが存在自体は知っていたけど想像以上に強烈でした。

お尻にする人が多いけど、全然平気って人もいる。と聞き、初回なので物は試し!利き腕ではない左の肩にブスッとやってもらいました。

打たれている時はそうでもなかったのですが、終わった後から腕が重い

少し触れただけでもドーンと来る痛み。

この注射の後は絶対に満員電車なんて乗れません

家に帰ってからも腕が上げられないくらい痛かったので、結構長引きそう・・・と不安だったのですが、翌日の朝にはウソのように痛みがなくなっていました。

でももうこんな痛いのイヤなんで、次回からはお尻にしてもらおうと思います。お手入れしとかなきゃ

しかもこの恐怖の油性注射、聞く所によるとあと3回も予定になってる

誘発の時の連日注射でツライなんて思ってたけど、これに比べたら屁のカッパだったかも

なんかもっと他の方法ないのかしら

油性イタイよ~

全て終了してクリニックを出たのは大体18時半頃でした。


にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
この記事へのコメント
77. えびまよ   URL  2010/06/26 22:40 [ 編集 ]
白く光る受精卵☆何だか神秘的ですね!
体外受精で妊娠した友人が自然に妊娠するのも素晴らしいけど、
体外受精をしたおかげで大切な赤ちゃんの命が自分の中に宿るのを
自分の目で見る事が出来たのは、とっても貴重な体験だった。
って言ってたのを思い出しました★

それから、前の日記のコメントのお返事を読んで、
そういえば、私、まだリセットしたわけじゃなかった!
って、改めて気が付きました。。。諦めちゃダメですよね(>_<)

何だかいちごさんの日記を読んで、すっかり体外する気になっちゃいました★
気付かせて下さって、ありがとうございます♪

黄体ホルモンの注射、後から痛くなりますよね(T_T)
痛くても我慢して揉むと、早く痛みがなくなる気がします。
でも、短い期間すごく痛いのとちょっと長い間、結構痛いのを
我慢するのとどっちが良いかは微妙なところですけど・・・。




78. いちご   URL  2010/06/28 11:25 [ 編集 ]
えびまよさんへ

人工授精の時はHCG注射(水性)だったので必死に揉んでましたが、油性の注射って揉んじゃいけないんだそうです。
じわじわ浸透させるので重いのだそうです。
腕が上がらなくなります。。。

クリニックによって膣座薬とかシールって方法もあるようなのですが、忘れずに交換するタイプか一時的に痛い思いをするか・・・
けっこう究極の選択ですね。
自分で選べない所がまたポイントですが。
えびまよさんのクリニックはどちらでしょう・・・
今回上手くいって油性の注射打たずに済むといいですね!
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://sekiraraichigo.blog75.fc2.com/tb.php/186-2eab937b
プロフィール

いちご

Author:いちご
アラフォー主婦

不妊治療で子供を2人授かりました。
それまでの記録と子育て。
怒りっぽく、ケンカになるとモラハラ発言連発の旦那へのグチ(毒)を吐いています。
(現在は都合によりコメント欄閉鎖中です)


ここには頑張る人がたくさんいます!
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 不妊から出産、育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村

カテゴリ
過去記事

アクセスカウンター

今日のことば

お気に入り
リンク