スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
気づき。
今朝、昔大好きだった人が夢に出て来て、もうちょっとで良い所!って時に目覚まし代わりのテレビが付いた・・・

夢の続きを見てやる!と2度寝に入った所に野田聖子さんのニュースですっかり目が覚めてしまいました

baby8.gif


最近は通院もないし暑くて外にも出たくない。とにかく時間ばかり持て余しています。

家の近くで良い仕事を見つけたけど、スタート時期と誘発時期がバッチリ重なっていて後ろ髪ひかれながらクローズボタン・・・切ない。

時間があると無駄にPCに張り付いてしまうので、1日1本映画を見ようキャンペーンを実施中。いつまで続くか解らないけど。

日本の映画、外国の映画、色々見たけれど、今の私には母国語で自然体の会話のマイナー(ミニシアター系?)な映画がしっくりくるようです。

きっと映画って前に見たものでも、その時置かれてる状況によって感じ方が変わるものなのかも?と思ったりもする・・・昔見た映画がもう一度見たい気分。


先日見たある映画で、心にズンと響いた台詞がありました。

出来ちゃった結婚をした夫婦が赤ちゃんを亡くして、その後の10年間を描いた映画。

自分を責め、精神的なバランスを崩してしまった妻に、夫が言った言葉。

「忘れないであげればいいんだよ。時々思い出してあげることが大事なんじゃないかな?」

なんだかその言葉にハッとしました。

私、自分のことしか考えてなかった・・・

流産した傷を抱えてるのは生きてる自分たちだけだって思ってた。

1度でもこの世に形を持って産まれて来た命と、姿形も性別すらも知らされずさよならした命の違いはあるかもしれないけど、私には亡くした赤ちゃんに対する弔いの気持ちが欠けていたんだ。

反省です。

同じ映画の中で「死に直面したのは素敵な体験」という尼さんの言葉もありました。

一瞬「え?」と思ったけど、よくよく考えると「深いな」って思える台詞でした。

不妊治療も流産も経験しないに越したことはないけど、少なくとも未経験者よりも色んなことに気づけるようになれたことは人間として得してるのかもしれません。


にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

いちご

Author:いちご
アラフォー主婦

不妊治療で子供を2人授かりました。
それまでの記録と子育て。
怒りっぽく、ケンカになるとモラハラ発言連発の旦那へのグチ(毒)を吐いています。
(現在は都合によりコメント欄閉鎖中です)


ここには頑張る人がたくさんいます!
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 不妊から出産、育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村

カテゴリ
過去記事

アクセスカウンター

今日のことば

お気に入り
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。