スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シロッカー手術、そして退院。
15w0d 手術当日。

事前の説明では腰からの麻酔のため、手術中は意識もあり話しをしたりもできる・・・

そう言われていたのですが、病室のベッドで筋肉注射を打たれた時点で既に意識は途切れ途切れで、手術室の眩しいライトや先生が登場した場面などの記憶はうっすらあるものの、気がついたらあっという間に病室に戻っていました。

終了時間はちょうどお昼時。

朝から食事抜きだったので、既にお腹はグーグー・・・

みんなの食事が運ばれて来るにおい・・・とにかく耐えるしかありませんでした。

簡単な手術ではあったものの、術後はおしっこの管を入れられベッドに寝たきり。歩くことを禁じられました。

ようやくありつけた夕飯もリクライニングを起こした状態で、歯磨きもベッドの上で済ませて終了です。

時々看護師さんが来て出血の状態を確認していく。

寝たきりだと腰が痛くなり、動きたくて動きたくてうずうずしながら朝までやっぱり寝られなかった。

これまでの点滴は抗生剤と止血剤だったけれど、手術日からは抗生剤とはり止めに変わっていました。

抗生剤は手術日含め4日間、はり止めは5日間続きました。



手術から3日後の早朝、3回目の血液検査がありました。

炎症反応の数値は看護師さんの予告通り前回より下がってはいたものの、まだOKをもらえる数値ではなかった様子・・・

手術してるからどっちみち退院は出来ないのだけど、なかなか下がらない数値にさすがに不安になりました。

それでもなんでも、今私に出来ることはとにかくおとなしくしてること。ただそれだけ。



そして全ての点滴は手術から4日後の22日で終了となりました。

23日からは飲み薬に変更に。

先生からはようやくこの日、明日の検査次第で退院するか?というお話が。

もともと手術を提案されていた時点で「クリスマスくらいには帰れるんじゃないか」と言われていたものの、その後具体的な話しはなかったのでついに来た!という感じ。

そして24日の早朝、3度目の血液検査をした結果、先生のOKをもらえるくらいまで炎症反応は下がっていたそうで、血腫の大きさはそれほど小さくなっていないものの、その後の出血もないことから「自宅で安静に」を条件に退院の許可が下りました!

「クリスマスに帰さないと何か言われそうだしな」と先生。

止血剤とはり止めが退院薬として出され、これはしばらく継続になるみたい。

看護師さんには「退院決まったら出血する人もいる」「次出血したら産まれるまで帰れないよ」など色々脅されもしたけれど、とにかく帰れることが決まりウキウキわくわく。

こうして突然の出血からの入院は無事に2週間で終了となりました。

今まで入院も手術も経験があるけれど、こんなに長く(しかも動き回るなと言われた)入院したのは初めてだったので、とにかく毎日が長くて長くて退屈でした。

2週間ぶりに娘に会える!!

どんな反応するだろうか・・・?

次回は娘との再会について記録に残します。
スポンサーサイト
プロフィール

いちご

Author:いちご
アラフォー主婦

不妊治療で子供を2人授かりました。
それまでの記録と子育て。
怒りっぽく、ケンカになるとモラハラ発言連発の旦那へのグチ(毒)を吐いています。
(現在は都合によりコメント欄閉鎖中です)


ここには頑張る人がたくさんいます!
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 不妊から出産、育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村

カテゴリ
過去記事

アクセスカウンター

今日のことば

お気に入り
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。