これが私のタイミング
最近、色んな情報を知りすぎたせいで、少しネガティブな日記になってしまっているかもjumee��uuummm1b いかんいかん。

今日は私の過去の病気がらみで思うことを書いてみます。

25か26くらいの時(忘れた)片方に卵巣のう腫が見つかり、手術をしました。

全摘ではなく内視鏡で膿みやなんかだけ吸い出し、卵巣は温存となりました。

手術をしてくれた医者は「もう片方もなる可能性があるから、子供は早く作った方がいい」と言っていたみたいです。(これまたあまり記憶にない)

その後29歳の時に結婚し、作ろうと思えばいつでも子供は作れたはず。

でも色々な事情や状況から、どうしても子供を持つことに自信が持てず、そうこうしてる間に月日は流れ、やっとその気になった時、私は32歳になっていました。
そこから「あれ?なかなか出来ないぞ」と思い「自分はもしかして不妊?」と気づいた時には既に33歳になってました。

もし結婚してすぐ子作りしていたら自然妊娠していたの?
私はいつから不妊だったの?

そんなこと誰にも解りません。

でもクリニックに通うようになってから解ったことがあります。

手術で温存した片方の卵巣、どうやら機能していないようです。

排卵チェックに行くと、毎月「右側が育ってますね」と言われます。

気になって先生に尋ねても「特に問題ないですよ」と言われました。

確かに問題はないのかもしれません。

でも正直ちょっと気になるよね・・・

右側の卵巣にばかり働かせて「老化」の問題はないの・・・?
もしあの時の医者の言うように「もう片方」も病気になっちゃったら・・・?
そしてもし一度でも子宮外妊娠してしまったら・・・?私にはもう「体外受精」しか道はありません。

知り合いで、10代の時に片方、20代中頃にもう片方、私と同じ病気になった人がいます。

彼女は片方全摘していて、もう片方も癒着がひどく、30代後半の時、体外受精で妊娠しました。(今は無事にママになってます)

今更ながら早く子作りしなかったことをちょっぴり悔やんでしまうけれど、あの時はまだ「親になる」って気持ちにはどうしてもなれなかったんです。

この1年でやっと心から「子供が欲しい」って思うようになったんだよな~。
その心境の変化は自分でもすごく不思議なくらいなんだけど。

過去を振り返っても仕方ない。これが自分たちで選んだタイミング。
自分たちの運命だったんだ。そう思うしかない。

今朝の基礎体温も微妙に低温。まだ希望は捨てないぞ�撣�邼�B���[��B

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://sekiraraichigo.blog75.fc2.com/tb.php/56-eb5f7683
プロフィール

いちご

Author:いちご
アラフォー主婦

不妊治療で子供を2人授かりました。
それまでの記録と子育て。
怒りっぽく、ケンカになるとモラハラ発言連発の旦那へのグチ(毒)を吐いています。
(現在は都合によりコメント欄閉鎖中です)


ここには頑張る人がたくさんいます!
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 不妊から出産、育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村

カテゴリ
過去記事

アクセスカウンター

今日のことば

お気に入り
リンク