流産して思ったこと
流産後最初の生理から16日目。
今朝の基礎体温も昨日と全く同じ温度。イコールまだ微妙な低温です。jumee��uuummm1b

今日は流産をして改めて感じたことを書いてみたいと思います。

昔っから、将来の人生設計を想像した時、私はいつも「子供は2人」というシチュエーションでした。

それは多分自分も2人きょうだいだったからだと思います。

私には姉が1人います。
子供の頃はよくケンカもしたけど、とても優しくて大好きな姉です。

先日も書きましたが、私が卵巣のう腫で入院した時、姉は車を2時間走らせてわざわざ日帰りでお見舞いに来てくれました。

当時姉は時間が不規則な仕事をしていたので、おそらく休暇を取ったわけではなく、寝る時間を削って来てくれたのだと思います。

そしてこないだ私が病院で、赤ちゃんの心拍が止まっているとの宣告を受けた時、偶然にも互いに実家に帰って来ていて一緒に過ごしていました。

その日、姉は子供たちを連れて学生時代の友人と遊びに出かけていたのですが、母から連絡を受けたらしく、すぐ私に電話をかけてくれました。

姉は「今から帰る」と言ってくれたけど、せっかく久しぶりに友達と会っているのだし、なんとなく一人で居たかったし・・・「帰って来ても結果は変わらないから」と断りました。

その日の夜、事情を解っていない姉の子供が何気に「今日ママね、いちごちゃんが手術するって泣いてたんだよ!」と笑って私に言いました。

それを聞いて私は何も言えず、涙をこらえるのに必死でした。

流産という現実をなかなか受け止められず、それまで涙も出なかったのですが、その時初めて現実をつきつけられた気がしました。

当の本人よりも先に姉が泣いてくれていたんです。

自分が自然妊娠できない。子供を授かるには時間がかかると解り、年齢的にもギリギリな私は、いつの間にか「一人でもできればいい」って思うようになっていました。

でも、私にはこんなに優しい姉がいてくれる。きょうだいってやっぱりいい。出来るならば自分の子供にもきょうだいを作ってあげたい。って改めて思ったんです。

姉にも2人子供がいます。

まだまだ小さいのでいつもケンカばかりしていますが、この子たちも将来大きくなって、どちらかが困った時、互いに助け合えるきょうだいになって欲しい。そう思います。

流産をしなければ、もしかしたら感じなかったことかもしれません。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://sekiraraichigo.blog75.fc2.com/tb.php/58-f3f7ae11
プロフィール

いちご

Author:いちご
アラフォー主婦

不妊治療で子供を2人授かりました。
それまでの記録と子育て。
怒りっぽく、ケンカになるとモラハラ発言連発の旦那へのグチ(毒)を吐いています。
(現在は都合によりコメント欄閉鎖中です)


ここには頑張る人がたくさんいます!
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 不妊から出産、育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村

カテゴリ
過去記事

アクセスカウンター

今日のことば

お気に入り
リンク